FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

ボジョレー・ヌーボーの意味

ボジョレー(Beaujolais; ボジョレ、ボージョレ)は、フランス南東部、リヨンの北に位置するワインの産地
毎年11月第3木曜日に解禁される特産品の新酒、ボジョレー・ヌーヴォー (Beaujolais nouveau) で知られる
○○年11月○○日午前0時以前の販売および消費 厳禁
「ボージョレ」「ボージョレー」「ボジョレー」「ボジョレ」

11月20日解禁
11月19日解禁

ヴィンテージ
・ぶどうを収穫すること。またはワインの原料となるぶどうを収穫した年。産年表示がないものを「ノン・ヴィンテージ」といい、複数の年のワインを混ぜていることもある。シャンパーニュはノン・ヴィンテージが一般的で、産年表示されたものは高級品に限られる。
・良作の年に作られたワインの古酒。
シャトー
・フランス語で城・館を表す語だが、ボルドー地方ではぶどう畑を所有し、ぶどう栽培からワインの生産・出荷までを行う醸造元を指す。シャトーは1つの畑の所有者が1つの生産者となっている。
ドメーヌ
・フランス語で土地を表す語だがブルゴーニュ地方ではぶどう畑を所有し、ぶどう栽培からワインの生産・出荷までを行う醸造元を指す。ドメーヌは1つの畑を複数の生産者で分割して所有している。
ネゴシアン
・酒商。ぶどう生産者からワインを買い取り、瓶詰め・熟成などを行い出荷・販売する。
ボディ
・ワインのコクや重みを表す語。
ライトボディ…渋みやコクがおとなしく、色もライトでフレッシュなワイン
ミディアムボディ…渋みもコクもほど良く、色の濃さも中程度のワイン
フルボディ…渋みやアルコール分が十分に感じられるしっかりした味わいのワイン
澱(おり)
・ワインの成分が時間とともに不溶性化し、ボトルの底にたまってできたもの。年代物の赤ワインによく見られる。
プリムール
・「初物、はしり」という意味の語で、出来上がったばかりのワイン。ヌーボーと同義語。
タストヴァン
・利き酒用の銀製杯のことで通常はソムリエが胸や首から下げている。容器に注いだワインに光を当て、その反射でワインの色調をよく鑑定できるように内側が凸凹になっている。
デカント(デキャント)、デキャンタージュ、デキャンティング
・栓を抜いたワインを別の容器に移すこと。若いワインを空気に触れさせることで柔らかさを出したり、年代物の赤ワインなどにできた澱を取り除くために行われる。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2007/11/17(土) 21:01:29|
  2. お酒|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
[NEW] <<標準時 | ホーム | もーんーちもほしいかな(BlogPet) >> [OLD]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURLはこちら

http://monnchi.blog12.fc2.com/tb.php/735-f5138dff

トラックバック


この人とブロともになる