FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

研究発表とダメ出し

論文の提出まで時間が少なくなってきて(まわりは)少々あせってきています。私はまあそれほどでもないですが。さて、今年(2006年)初めて、研究発表を(研究室の中で)しました。私ともう一人の合わせて二人の発表でした。一人当たり大体一時間くらいの発表でした。

先日からずっとこれに向けてパワーポイントの整理&資料(原稿)の製作をしていました。そして発表のほうは、一応分かりやすい説明をしたつもりなのですが・・・少なくともある程度の知識がある人には分かる内容だったと思ったのですが、先生からはいくつかダメ出しを食らいました(´・ω・`)

「発表としてはもう少し数式とかを少なくして、直感的に理解できる部分を多くするべき」とか「動機とか、背景とか、研究の意図とかをより多く盛り込むように」とか。「専門分野でない人でもある程度分かるように、より噛み砕いて発表するべきだ」なんてことも言われました。テクニカルな話はほどほどで、「多少不正確でも理解しやすいように」みたいなことを言われました。

一応「論文のほうはまずまず進んでいるようだね」ってほめて頂きました。実際、論文に載せる題材はある程度そろいつつあるので、まとめるのに時間をかける段階にきています。しかしそれがまた結構めんどくさいし難しいところなんですけどね(^-^; イントロ(Introduction)からして思うようには書けなかったりするわけですが・・・

発表自体は質疑応答(ほとんどが教授と助教授の先生からの一方的な質問)も含めて一時間ちょっとでした。数式の誤植とか、日本語の細かなミス(「が」と「に」を反対に書いていたり)とか細かなミスがパワポ(パワーポイント)にまぎれていたのですが、最終的には致命傷を負う(大きな誤りをする)こともなくいけました。

私の発表が終わったあとはもう一人のこの発表がありました。こちらのほうは私から見ても「ちょっとやばいんじゃない?」って感じでした。発表の中身がどうのこうのというのもありますが、本人の意図がもうひとつはっきりしないというか何というか・・・

「研究の目的とか意図」っていうのと「実験から得られた結果とか考察」がどうもかみ合ってないんですよね。あんまり比較と貸しても意味のなさそうな指標を比較して考察していたりしていました。おまけに「明らかに間違った定理」を元にしていたり・・・

この子は教授の先生に直接つくのではなく、助教授の先生について指導を受けています。そのため、発表のあと、教授の先生から助教授の先生にもダメ出しがありました。「落としどころとか最終的な流れは大丈夫なの?」みたいな感じで。その返事を聞いていると、助教授の先生の頭の中では一応ある程度の流れができているようです。が、研究をしている当の学生はそれをちゃんと理解できていない感じです。

とまあ最後は少し悪口みたいになってしまいましたが、無事に今年初の研究室での発表は終了です。あとは、論文を仕上げてきっちり卒業できる状態にしなければなりません・・・口頭試問という名の発表も残っていますしね。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2006/01/26(木) 16:55:07|
  2. 学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
[NEW] <<カード類の整理 | ホーム | コタツで寝る >> [OLD]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURLはこちら

http://monnchi.blog12.fc2.com/tb.php/399-a2032a69

トラックバック


この人とブロともになる