FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

格安旅行会社倒産?

旅行とか興味のない方もいるかと思いますが、格安航空券を利用したことのある私にとって気になるニュースです。読売新聞の記事によりますと、「格安航空券を購入した人がチケットを受け取れずに旅行に出発できない」事態に遭遇しているようです。以下引用です。

--
「格安旅行社が雲隠れ?航空券届かずトラブル相次ぐ」
格安航空券などを販売している旅行会社「トラベル遊」(東京都品川区)を通じてチケット購入を申し込んだ旅行者らが、出発空港でチケットを受け取れないトラブルが相次いでいることが24日わかった。
成田空港でトラベル遊のチケット受け渡しや搭乗手続きを代行している「エアサーブ」によると、23日から26日に出発予定のチケット約110人分が、連休前の22日までにトラベル遊から届くはずだった。しかしチケットは届かず、24日朝の段階で約50人が受け取れなかったという。JTBの子会社の成田空港窓口でも、23日に出発予定の18人がチケットを受け取れなかった。関西国際空港発の航空券についても、同様のトラブルが発生しており、エアサーブなどが状況把握を急いでいる。
JTBが受け渡しを代行した18人のうち、15人は新たにチケットを購入して出発し、ほかの3人は旅行をとりやめたり、出発日を変更するなどしたという。
JTB広報室は「22日夕方からは連絡が取れなくなり、トラベル遊の本社に社員を行かせたが、誰もいなかった」としている。
(中略)
ホームページによると、トラベル遊は2004年4月に東京都に旅行業登録し、海外への航空券やホテル手配などを行っている。24日午前、トラベル遊の本社や都内の営業所はいずれも応答がなかった。
--

実際のところ倒産してしまうのかそうでないのかは定かではありません。しかし倒産してしまったにしてもそうでないにしても、かなりの数の被害者がいると思われます。これは我々利用者側からするとかなり困ったことです。

この会社、実は私は利用した事はないのですが、昨年オーストラリアに行ったときに見積もりをしてもらったことがあります。Yahooトラベルに登録されてました。たしかに航空券の価格は結構安かった気がします。しかし、この会社の発着税とかが他者と比べると高くて、総額では他社より高くなってしまってました。そういうわけで私はこの会社のものを購入するのはやめました。

海外ではよく、「航空会社が倒産して飛行機がなくなって旅行が予定通りに出来なかった」なんて事を良く聞きます。しかし同じようなことが日本で起こるなんて私は夢にも思いませんでしたよ(~_~;) 私は被害者じゃないのですが、同じような目にあっていたかもしれないと思うと恐ろしいものです。日本でもこういう心配をしなくてはいけないと思うと o(>_<)o です。

このニュースをきっかけにして、格安航空券のみ扱ってたりする小さな会社の利用者は激減する気がします。大手でかった方が安心といえば安心ですからねえ。そうすれば同じように経営が苦しくなる業者が出てきたり、価格競争が終わってしまったりする可能性もあります。個人的にはあまりそういう事態は好ましくないと思うのですが・・・どうなるか少し注視しようかと思います。

それにしても新たにチケットを買った人たちがいるようですが、こういう人たちは正規運賃を払ったのでしょうかねえ。それだと格安の旅行会社を探した苦労が。災難なことです・・・
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2005/12/25(日) 08:47:18|
  2. 時事|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
[NEW] <<論文提出の注意 | ホーム | 冬至に大雪 (BlogPet) >> [OLD]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURLはこちら

http://monnchi.blog12.fc2.com/tb.php/363-80febbed

トラックバック

トラベル遊(旅行会社)が雲隠れ?格安航空券トラブル

「トラベル遊(旅行会社)が雲隠れ?格安航空券トラブル」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み...
  1. 2005/12/25(日) 18:38:35 |
  2. ブログで情報収集!Blog-Headline


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。