FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

ネットでも自民が

このブログでも以前触れたこの話題について書きます(そのときの記事はこちらからどうぞ)。Yahooニュース(共同通信)によりますと、「ネットでも自民が圧勝」していたそうです。以下引用です。

--
インターネットのブログ(日記風サイト)に書かれた衆院選関連の記事のうち、自民党を明確に支持する内容の書き込みが、民主党支持の2倍以上だったことが、ブログ検索のテクノラティジャパン(東京)の調査で16日分かった。
賛否両方を含んだ単純な記事数でも自民党は民主党より約4割多く、歴史的勝利を収めた自民はネット上でも「圧勝」していた。ブログ利用者の中心は20-30代の若い世代で、若者の自民人気をうかがわせる結果となった。
公示日から投票前日まで国内約80万のブログから選挙関連記事を収集、内容をコンピューターで細かく解析した。その結果、「自民党」を主語にして「投票する」「賛成する」などと書いた、明確な自民支持の記事が470件だった。民主支持のものは214件にとどまった。
--

とまあこのように、ブログ界の中でも自民党が圧勝していたようです。ただ私個人的には「自民党支持470、民主党支持217」ってサンプルが少なすぎて十分な数じゃない気がしないでもないですが。それに記事の中でも指摘されているように、ブログ利用者の大半は(私も含めてですが)若い世代なので「ブログの結果と実際の結果が一致した」なんてことは言えない気もしないではないですが・・・

記事を読んだ感じですと、80万のブログがあっても、その大半ではどの政党を支持するって記述が無かったみたいです。それはまあそうでしょうね。例えば私もこのブログではどの政党がいいとか悪いとか一つも触れていないですし、どの候補者に投票したとかも全く述べてないです。思うことがあってもそれをストレートに書くってわけで無かったりもしますから、今回のテクノラティジャパンの試みは「大成功」とはいえないのじゃない買って私は思っています。

ただまあ、これから何年かして(次の参院選だと二年後)くると状況は変化するかもしれません。もっとブログの利用者が多くなってきたら、このような試みが意味あることになるのかもしれないですね。既存のマスコミ等とはまた違った方向から情勢分析が出来たりする可能性もあります。そのときが楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2005/09/17(土) 10:10:02|
  2. 時事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
[NEW] <<大文字山 | ホーム | 中学時代の友人と食事 >> [OLD]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURLはこちら

http://monnchi.blog12.fc2.com/tb.php/242-d53ebda6

トラックバック


この人とブロともになる