FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

朝日新聞の虚偽報道

世間は衆議院議員選挙の話題が多いのですが今日はこの話題を書こうと思います。Yahooニュース(読売新聞)によりますと、「田中康夫・長野県知事らによる新党結成に関する報道をめぐり、朝日新聞の長野総局員が田中知事から直接取材したかのような虚偽のメモをねつ造し、同紙がこのメモに基づく記事を掲載していた」そうです。なおこの捏造した記者は懲戒解雇処分になったようです。なお朝日新聞の経過報告記事に詳細があります。

これに関して朝日新聞の社説でとりあげられていました。朝日新聞が自らこの話題を社説で取り上げるのに少し驚いたわけですが・・・。社説ではこの記者が「功名心から」記事を捏造したことを非難しています。全くそのとおりです。しかもこの記者の場合、調べればすぐに嘘とばれるようなことを書いたわけで・・・あきれてしまいます。

またこの社説には、「問われているのは、(中略)朝日新聞の組織や体質」って書いてあります。他にもいろいろ反省とも自らへの責任追及とも取れるような言葉が並んでいます。私はこれを読んで朝日新聞が自社自身のことをここまで書くのかって思ったわけなのですが・・・。なんか他人事で社説書いているようにとろうと思えばとれるし。こんだけ書く前に、実際に行動で示して欲しいものです。それに実際社説ではこんだけ書かれていても本当にすべての記者にこういう意識があるかどうかは別問題ですしねぇ。

一方毎日新聞の社説でもとりあげられていました。ここでは、朝日新聞の社説で書かれている内容のほかに(私が思うに)踏み込んだ記述がありました。それについて書きたいと思います。

まずは、「朝日新聞が説明しないから幾つかの疑問が払拭されない」って内容の記述です。ファックスにしろ紙面にしろ一方的に情報を出すばかりで、記者会見が行われないことに対する批判です。たしかにそうかもしれませんね。質問する機会は設けず書きたいことだけ書いて発表しておしまいみたいな。「新聞社なのだからテレビには出ない」なんてことではないと思いますが、なんだか真実をさらそうとする気はないいのではないかって言う感じがします。

また毎日新聞の社説では「非を認めたがらない、官僚的、エリート意識が強い……。かねて朝日新聞はそう指摘されてきた。」ってありました。そういう風に感じることもあります。なんかうやむやにことを濁そうとしているように感じたり・・・これは不確かな情報で恐縮なのですが、記者の給料なんかは他紙と比べて高かったりするようですし。実際の所本当かどうかは知りませんが。

あとどうでもいいことですが。この毎日の社説の最後には「毎日新聞は、絶えず朝日を「目の敵」のように批判し、それを売り物にするかのような一部メディアと一線を画してきた。」ってありました。これは結構、過激な表現するねぇって私は思ったりするのですけど・・・
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2005/08/31(水) 12:28:50|
  2. 時事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
[NEW] <<入園案内の配布だったか・・・ | ホーム | 献血の検査成績 >> [OLD]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURLはこちら

http://monnchi.blog12.fc2.com/tb.php/217-13332715

トラックバック


この人とブロともになる