♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

原因究明が急ぎ

遊園地は安全が第一なんですが。。。
バーが外れていても動くのか、無理して乗っても(バーが閉まらなくても)動くのか

--
コースターから転落死亡=34歳男性、東京ドーム-安全バーのロック捜査・警視庁
 30日午後0時45分ごろ、東京都文京区後楽の東京ドームシティアトラクションズで、男性従業員から「ジェットコースターから男性客が転落した」と110番があった。警視庁捜査1課によると、男性(34)が病院に搬送されたが、約2時間後に死亡した。
 同課は業務上過失致死の疑いもあるとみて、安全バーのロックが十分だったかを調べている。
 同課によると、事故があったのは「スピニングコースター舞姫」。男性はコース中盤の急カーブで、高さ7~8メートルから投げ出された。検視の結果、死因は内臓損傷とみられる。
 コースターは急カーブが続く全長約300メートルのレール上を座席が回転しながら走行し、最高速度は時速約40キロに達する。
 座席は2人ずつが背中合わせになる4人掛けで、それぞれ腰1カ所を独立した安全バーでロックする仕組み。
 ロックは8段階あり、利用者が体格に合わせて自分でバーを下ろした後、従業員が確認するという。
 規則ではバーを使用できない場合は利用できないとしているが、体重制限はなかった。
 事故当時、男女2人ずつが乗り、男性は左前方の席に座ったという。
 男性は大柄な体格で、コースターに破損や故障が見当たらないことなどから、同課はバーの固定が不十分だったとみて、ロック確認を担当していた20代の女性アルバイトらから事情を聴く。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011013000100

東京ドームシティアトラクションズのジェットコースターから男性(34)が転落死した事故を受け、運営する東京ドームの北田英一専務らは30日午後、隣接するホテル内で記者会見し、「転落したお客さまらに哀悼の意を表し、ただただおわび申し上げる」と述べ、深々と頭を下げた。
 北田専務は会見の冒頭、顔をやや紅潮させ、「事故原因を究明し、二度とこのような事故が発生しないよう努力していく。誠に申し訳ない」と陳謝した。
 事故が起きた「スピニングコースター舞姫」では、スタッフが安全バーのロックを確認し、手動で発車させる仕組み。別の幹部らは「担当スタッフが警視庁の事情聴取を受けており、詳しい話ができない」としながらも、「構造上、(走行中に)安全バーが外れることはありえない」とも語った。
 会見によると、朝の点検では異常はなかった。週1回はメンテナンスを実施しているほか、メーカーによる整備も毎年しているという
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/01/30(日) 20:22:51|
  2. 時事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
[NEW] <<なぜに福島県から | ホーム | 和歌山はいいとこですが >> [OLD]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURLはこちら

http://monnchi.blog12.fc2.com/tb.php/1094-1b89060b

トラックバック


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。