FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

エコカー減税

個人的には、政府の今回の対応は妥当かと。
いきなり打ち切りした政府が悪いとかいう声が聞こえますが、ギリギリまで購入しなかった消費者、駆け込みを狙って宣伝したディーラーの責任かと。
予算額で打ち切りというのが決まっていたので、早めに購入手続きすれば済むのに、9月まで引っ張って手遅れになって文句を言うのはどうかと思うところです。



--
エコカー補助金打ち切り 嘆く販売店 消費者は恨めしげ

エコカー補助金の終了を受けて、宣伝用ののぼりが外された=仙台市太白区鈎取の仙台トヨペ・ト西多賀店


 エコカー購入への補助金が今月下旬の期限切れを待たずに終了し、東北の消費者やディーラー関係者に8日、落胆や戸惑いが広がった。事前の説明や報道で、販売の現場に大きな混乱はなかったが、関係者は「終了時期が見込みより早すぎる」と対応に大わらわ。当てが外れた消費者は少なくないとみられ、販売会社の営業担当者らは「打ち切りを決めた政府の判断は納得できない」と憤った。

 「早めに終わるなら、きちんと周知してほしい」と語気を強めたのは仙台市太白区の女性(68)。「終了間近」の報道で8日、自宅近くの販売店に「間に合うか」と問い合わせた。「9月末までと聞いていたから、大丈夫だと思っていたのに…」と恨めしそうだ。
 東北の販売店では、補助金終了の可能性を事前に説明していたことや平日だったこともあって、窓口でのトラブルなどはなかったようだ。
 それでも、ホンダカーズ岩手中央上堂店(盛岡市)の社員は「顧客からの問い合わせが朝からあった。いずれ終わると覚悟していたが、突然すぎる」と困惑気味。
 盛岡市のトヨタ系販売店の担当者は「2カ月前に『間に合いますよ』と言って契約したのに納車が間に合わず、補助金を受けられなくなったケースがある。自腹を切る社員が出てくるかも」と心配する。
 この数日のドタバタに疲れた現場では、国への怒りもくすぶる。6日になって、処理が遅れていた100億円以上の申請が上乗せされ、公表していた補助金の予算残高が一気に減ったためだ。
 ホンダカーズ宮城中央長町店(仙台市)の店長は「急に残高が減って現場は戸惑った。あと3日ぐらいは持つだろうとの想定が崩れた」と言う。
 販売現場は、補助金を当てにしていた顧客の“救済”などに躍起だ。
 仙台トヨペット(仙台市)は申請が間に合わなかった購入者に対し、10万円相当の付属品をサービスすることを決めた。宮城日産自動車(同)も一定の条件を満たした購入者にはメーカーとの折半で一律10万円を返金する方針だ。
 「補助金特需」の反動も予想されるが、岩手県内のある営業担当者は「先のことより、今は約束を守れなかった購入者への説明で頭がいっぱい」と話している。


http://www.kahoku.co.jp/news/2010/09/20100909t73033.htm
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2010/09/12(日) 23:18:13|
  2. 時事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
[NEW] <<エコカー減税(BlogPet) | ホーム | 試合(BlogPet) >> [OLD]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURLはこちら

http://monnchi.blog12.fc2.com/tb.php/1073-e0a22e65

トラックバック


この人とブロともになる