♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

年金不正受給

高齢者の所在不明問題、数々の高齢者不明が明らかになる中、そのうち悪意を持って届を出していなかったのはどれくらいいるのでしょうか。

ーー


年金切り替え、長女が決断=孫娘が手続き、受給額4倍に-「111歳」白骨遺体
 生存していれば111歳とされた加藤宗現さんの遺族共済年金詐欺事件で、長女で無職の真子容疑者(81)が妻の死亡後、受給額が約4倍の同年金への切り替えを決めていたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。
 真子容疑者らは親子4人で質素な生活を送っていたといい、警視庁捜査2課は生活費などに充当にするために年金詐取を主導した疑いがあるとみて調べている。
 捜査関係者によると、加藤さんは1978年11月ごろ、自宅1階の和室にこもり、死亡したとみられる。真子容疑者らは死亡を認識したのに、届け出をせず、老齢福祉年金を受け取り続けていた。
 同容疑者は2004年8月ごろ、加藤さんの妻が101歳で死亡したのを機に、老齢福祉年金から遺族年金へ切り替えることを決断。孫で無職の登貴美容疑者(53)に指示し、年金決定請求書や住民票などの書類を集めさせた上、自ら加藤さんの代筆をして申請書を作成した。
 04年度の老齢福祉年金支給額は最大でも年約40万円余だったのに対し、公立学校共済組合の遺族年金は単純計算で年約160万円が支給された。
 真子容疑者らは足立区職員らが自宅を訪問した際、「『会いたくない』と言っている」「岐阜県の施設にいる」として面会を拒否し、加藤さん生存を偽装していた。(2010/08/28-16:31)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010082800210&j1
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/08/28(土) 21:50:50|
  2. 時事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
[NEW] <<年金不正受給(BlogPet) | ホーム | 格安航空券 >> [OLD]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURLはこちら

http://monnchi.blog12.fc2.com/tb.php/1070-9cbcd6ba

トラックバック


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。