FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

企業(BlogPet)

きょうは企業そのものを分配されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「ぺんぎんもーんーち」が書きました。
スポンサーサイト



  1. 2010/01/28(木) 08:57:26|
  2. 未分類(blogpet)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

麒麟とサントリー

サントリー創業一族の資産管理会社「寿不動産」(本社・大阪市北区)が保有する株式の比率が3分の1を超えるかどうか・・・
三菱グループとサントリー創業家のぶつかり。サントリーは創業家出身社長、キリンはサラリーマン社長...


http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100124-OYO1T00228.htm?from=top

統合比率巡り対立、来月以降に
 キリンホールディングスとサントリーホールディングスの経営統合に向けた基本合意が、2月以降にずれ込むことが確実となった。両社の関係者が23日、明らかにした。統合比率を巡る溝が埋まらず、1月末の合意を目指していた交渉が難航しているためだ。新会社の発足時期は、当初目標の2011年4月を堅持する考えだが、基本合意の延期は2度目となるだけに、今後も交渉が難航すれば、統合時期の延期につながる可能性もありそうだ。
 関係者によると、キリン側は2009年11月下旬、キリン1に対してサントリーを0・5とする統合比率を提案した。
 これに対し、サントリー側は、サントリー株の約90%を握る創業家の持ち株比率が、新会社の株主総会で重要事項を否決できる「3分の1超」となるよう、キリン1に対しサントリー0・7超の比率を主張し、両社の溝は埋まっていない。
 両社は、サントリー創業家が新会社の筆頭株主となることでは大筋合意しており、「3分の1超」を認めるかが焦点となっている。
 キリン側はサントリー創業家が大きな支配力を持つことへの警戒感が強く、創業家に安定株主の役割を期待するサントリー側との攻防が続いている模様だ。

(2010年1月24日 読売新聞)
  1. 2010/01/25(月) 06:49:03|
  2. 時事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

分配(BlogPet)

きのうぺんぎんもーんーちが、で分配したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ぺんぎんもーんーち」が書きました。
  1. 2010/01/21(木) 08:45:12|
  2. 未分類(blogpet)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

法的整理と私的整理(BlogPet)

もーんーちの「法的整理と私的整理」のまねしてかいてみるね

日本航空(日航)の行方はどうなるの行方は、所有財産を消滅さ

*このエントリは、ブログペットの「ぺんぎんもーんーち」が書きました。
  1. 2010/01/14(木) 07:50:31|
  2. 未分類(blogpet)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぎん(BlogPet)

ぺんぎんもーんーちが清算型を苦心ー!

*このエントリは、ブログペットの「ぺんぎんもーんーち」が書きました。
  1. 2010/01/06(水) 08:50:54|
  2. 未分類(blogpet)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

法的整理と私的整理

日本航空(日航)の行方はどうなるのでしょうか

--

清算型とは、企業が事業を廃止して、所有財産を債権者に対して一定のルールに基づき分配し、最終的に企業そのものを消滅させる手続きを言います。一方、再建型とは、事業資産を残して事業を継続し、この事業から得られる将来キャッシュフローより債務の弁済を行い、企業の再建を目指す手続きを言います。

1.法的整理

<1>法的整理とは

 法的整理とは、民事再生、会社更生、会社整理、破産、特別清算の5つの処理手続きのことを意味します。また、一般にこれらの手続きとなる根拠法令を「倒産5法」といいます。

この倒産5法は、民事再生法、会社更生法、破産法の他、商法の会社整理と特別清算のことで、法律自体は4つなのですが、商法のうち会社整理と特別清算それぞれ規定した条文が違うため、別々のものとして5つとしています。

 これらの法的整理の手続きを、先に記した再建型手続きと清算型手続きとに分類すると、再建型としては民事再生、会社更生および会社整理が該当し、清算型としては破産と特別清算が該当します。

<2>法的整理のメリット

(1)裁判所の監督・管理下で債権者間の公平性・公正性が確保される

 法的整理では、申立を行うと裁判所より財産の保全処分が出され、原則として債務の弁済が禁止されることになります。この保全処分により、一部の債権者が抜け駆け的に債権の回収を図ることは出来なくなり、債権者間の手続きの公平性が確保されることになります。

(2)多数決原理が導入されている

 この多数決原理が導入されていることで、仮に一部の債権者が反対しても、反対した債権者を含めた全債権者を法的に拘束でき、集団処理が可能となります。

<3>法的整理のデメリット

(1)倒産企業のレッテルを貼られてしまう

 法的手続きを申し立てた場合、例え再建型手続きであっても倒産企業としてのレッテルが貼られるため、営業面で大きなマイナスが生じ、事業基盤が毀損(きそん)してしまうという問題があります。具体的な説明は、私的整理のメリットの箇所にて記載します。

(2)手続きの柔軟性に欠け、費用や時間がかかる

 これはメリットの裏返しにもなるのですが、法律に沿った手続きを実施するため、柔軟性に欠け、弾力的な対応による手続きが難しい面があります。また、予納金、弁護士への報酬等の費用がかかる上、手続きに要する時間も後述する私的整理に比べ長くかかる場合が多いことが挙げられます。

2.私的整理

 私的整理とは、法的整理のように裁判所による監督・管理を受けずに、債務者たる倒産企業と債権者との協議により倒産処理を図る手続きの総称を意味します。法的整理との大きな違いは、債権者・債務者間の合意により進める手続きであるため、その効力は、合意した債権者だけに及ぶという点にあります。なお、私的整理は、債務者と大口債権者が秘密裏に協議して、破綻回避を図るという意味合いから、「内整理」「任意整理」とも言われます。

 このように、私的整理では合意した債権者の債権だけをカットの対象とすることが可能なため、実務上行われる手続きの多くも、主要債権者である金融機関だけに対して債権放棄を要請して、他の債権者の債権はカットしないといった手法で行われます。

<1>私的整理のメリット

 この私的整理のメリットとしては、主に以下のような点が挙げられます。

(1)債権者と債務者との合意により迅速かつ柔軟な再建手続きが可能となる

 法的整理とは異なり裁判所の関与がなく、あくまでも、債権者と債務者との協議により行われる手続きであるため、当事者間の合意が得られれば、迅速かつ柔軟な再建手続きが可能となります。これは、スピードを重視する企業再建の実務にあたっては、非常に重要なポイントとなります。

(2)倒産というレッテルを貼られない

 先に記したように、法的整理の場合、たとえ再建型の手続きであっても「倒産企業」というレッテルを貼られてしまうという問題があります。このため、商品や店舗等のブランドイメージが失墜して売り上げが激減する、あるいは、仕入業者から商品納入をストップされる等、様々な影響により事業基盤が毀損してしまい、結果的に債務免除を受けても、その後の再生計画が困難になるといったことがあります。

この点、私的整理の場合、倒産のレッテルは貼られないので、法的整理に比べ事業基盤は毀損しにくいと言えます。

(3)債権カットが一律でなくてもよい

 これも先に記したように、私的整理では、金融機関等の一部の債権者だけを対象として債権カットを行い、他の取引業者に負担をかけないということが可能となります。これにより、零細な取引先や下請企業などに負担をかけずに再生を図ることが可能となります。特に、地方の老舗企業や有力企業が法的整理の対象となった場合、零細規模の取引業者に連鎖倒産が起きる可能性があります。このような事態回避を目的として、実務的には私的整理を選択する案件が多数存在しています。

<2>私的整理のデメリット

(1)再建計画に同意しない債権者を拘束できない

 法的整理と異なり、私的整理には多数決原理は導入されていません。そのため、再建計画成立には、対象債権者全員の同意が必要となり、計画に反対する債権者が居た場合は、その債権者を拘束できないという問題があります。実務的には、このようなことがないよう、メインバンクが各債権者の同意について取りまとめを行いますが、かなりの労力がかかる作業となります。

(2)債権者にとって経済合理性が担保されない可能性がある

 債権者と債務者間において合意した債権カットであっても、私的整理の場合、債権者がこの債権カットを合意したことの経済合理性を担保する手続きが明確でないという問題があります。場合によっては、債権者が株主代表訴訟を起こされる可能性もあるため、債権者側も私的整理による債権カットに応じるには、一定の合理性を自ら担保する必要があります。

 この他に、法的整理と違い、裁判所が関与しないため、当然に以下のようなデメリットも挙げられます。

(3)裁判所に債務弁済禁止等の保全処分を求める制度がない

(4)債権者の担保権行使に対する対抗措置が備わっていない

 私的整理は、法的整理と異なり弾力的な方法で実施できるという一方で、手続きの透明性に問題があり、再建計画の信頼性・公平性に欠ける場合が多いとの批判的見解もありました。そこで、私的整理についての手続きを客観化、明確化し、手続きの公正、円滑化を図ることを目的とした実務指針として私的整理ガイドラインが平成13年9月に公表されました。

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/rensai/saiseiyougo.cfm?i=20051215ugo06z2--

--

前原誠司国土交通相は5日午前の閣議後会見で、JAL(9205.T: 株価, ニュース, レポート)の再建策に関し、一部で報道されている法的整理や私的整理などの選択がまずあるということではなく、飛行機の運航が継続されることを可能にする再生策をサポートしていく方針であるとの見解を示した。
  JALへの支援を検討している企業再生支援機構は、裁判所が介在する法的整理を前提とした再建策を検討している一方、主力金融機関は、金融支援額が膨らむ可能性のある法的整理よりも、関係者間で債権債務を調整する私的整理による再建を主張しているが、国交相としては再建手法については静観の構えを示した。

  JAL再建の公的支援の前提とされる年金の減額計画について、JALが4日、減額に必要な3分の2以上の同意を現役社員から取得した一方でOBからは現時点で3分の1の同意しか得られていないと公表したことに対して、「再生計画にはOBの努力が反映されるべき」と述べ、年金減額への同意を強く求めた。

  今後の再建計画に絡み、全日本空輸(9202.T: 株価, ニュース, レポート)がJALの国際線部門取得を財務副大臣らに打診したとの一部報道については「国土交通省としては聞いていない。全日空が国際線統合に本気ならば国交省に話をするべき。財務副大臣に話すのは筋違い」と批判した。

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-13192020100105
  1. 2010/01/05(火) 23:15:01|
  2. 時事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


この人とブロともになる