FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今年最後の献血 (BlogPet)

ぴょんもーんーちが受付しなかった?
さてもーんーちの前回っぽいお願いしたの?
さてもーんーちは休刊された。

さて12月に入ってからというもの信じられないほどの寒さが続きます。
気をつけてあるかないと転んでしまう恐れがあるのでどうしてもへんてこな歩き方になりますし、スピードを落とさずにカーブを曲がろうものなら間違いなくスリップして転倒してしまいます(経験済)。
学校に行く途中には一面の銀世界が広がっております。
ここ京都では未明から雪がちらつく中、研究室に向けて出発。
「日曜日なのに・・・例年ですと年明けくらいまでは二キロもないのです・・そこには止み、ぴょんもーんーちは最近は土日も関係なくこんな感じなのですよ。
ハイ。
雪の上を歩くだけで疲れます。
皆さんお元気でしょうが、今となってしまうのですが、これまたかなり神経を使います。
ここ京都では雪も昼までには大きな幹線道路があるのですよね。
学校まではこういうことになっては腹立たしいものになってしまうのです・・・そこには止み、ぴょんもーんーちが帰宅する頃には大きな幹線道路があるのでどうしてもこういうことはなかったので、朝起きて窓を開けると・・・ドアから一歩出るとあまりの寒さに引き返したくなりました。
たくさんといっても多分1センチくらいしか積もっていそうだったのですが、何とか自転車で強行突破することにしましたよ(笑)マンションの玄関には一面の銀世界が広がっておりました。
右左折の際は「たくさん」ですよ。
ハイ。
雪の上を歩くだけで疲れます。
下手に運転するとハンドルを取られる危険性がありますし。
学校に行く途中には、雪が降ったようで、自転車でも行けそうな雰囲気だったので。
ということで自転車に乗ったので、朝起きて窓を開けると・・例年ですと年明けくらいまでは二キロもないのでしょうかとも思ったのです・・そこには大きな幹線道路があるのですよね。
学校まで歩いていこうか?ぴょんもーんーちのほうはまあぼちぼち元気でやっております。
皆さんお元気でしょうが、地面が見えないくらい積もっている時点でぴょんもーんーちにとっては「徒歩の方が速いのじゃない)の車が多いのでどうしてもへんてこな歩き方になりますし、スピードを落とさずにカーブを曲がろうものなら間違いなくスリップして転倒してしまいましたよ(笑)



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんもーんーち」が書きました。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/31(土) 13:40:22|
  2. 未分類(blogpet)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2005年もおしまい

さて今年も残すところあと数時間になってしまいましたねえ。PRIDE・日本レコード大賞・ドラえもん・K1・紅白歌合戦とテレビではイロイロあるみたいですね。我が家では、母が急ピッチでおせち料理の準備をしています。父は電気の傘やクーラーの周りのいわゆる大掃除をやっています。そんな中私はこうやってブログを書いているわけです・・・

今から振り返ればあっという間だった2005年でしたねえ。私個人的な今年の大ニュースはとりあえず「就職先が無事に決まった」ってことです。コレが一番大きいですね。首を切られるにしても自分の意志で転職するにしても、それまではこの内定先で働くことになるでしょうから。

あとはこのブログを始めたことでしょうか。最初始めた頃はこれほど続けるつもりはあんまりなかったのですが、なんだかんだでもう半年以上続いています。今年は世間一般的に見てもブログとかSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)が爆発的に流行りだした年らしいですがそれに私ものっかった感じです。

日々の生活では、ほとんど研究室でこもってた一年間でしたねぇ。就職活動中はちょくちょく関東なんかに遠出とかしましたが・・・ニュージーランドに遊びに行ったのを除けばほとんど研究に没頭していた感じです。もっとも没頭していたからといって成果がきちんと出ているかといえば「???」ですけどね^^;

今年の感想と言えばこんな感じでしょうか。学生最後の年ということで結構自分の好きなように時間を使わせて頂いた感じです。長期間休ませてもらいましたし、ほぼフレックスタイムの環境で研究っぽいことさせてもらいましたしね。あとは無事に論文を完成させるというのが2005年度の残った課題です。

さて、今日は大晦日です。私の家でもいわゆる「年越しそば」を食べることになってます。ちょうど日付が変わる頃に食べます。昔はちょうど日付が変わる頃に近所の神社に家族で行ったりもしたのですが、最近はそういうこともなくなりました。その代わりに(?)我が家ではこういう風に年越しそばを食べるという習慣ができた感じです。

と言うわけで皆さま良いお年を!
  1. 2005/12/31(土) 10:59:44|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もちつき

もーいーくつねーるーとー、おしょーがーつ♪ということでお正月もすぐ目の前ですね。そういうわけで、我が家では毎年恒例のお餅つきをしました。ということで家族みんなで祖父母の家に。最近は餅なんて買ってきてすませる方が大半だと思いますが、我が家の習慣では買ってくるのではなくつくことになっています。

餅つきといっても実は杵(きね)と臼(うす)を使ってやるわけではありません。この世の中便利になったもので、「餅つき用の機械」が存在するのでそれを利用して餅をつくのです。だから私が一生懸命重たい杵を持って、一生懸命つく必要なんてないのです。

それじゃあ家族みんなでわざわざ出かける必要ないじゃんと思われるでしょうが・・・まあそういってしまえばそうなのですが、人がいるに超したことはありません。どこで人がいるかというと「つき終わったおもちを一つ一つ整形する」ために人がいるんですよ。まあそれほど大人数でなくても良いのですが。

ちょっとした自慢ですが、小さい頃から毎年やっているので、おもちを丸めるのはうまいと思います。私に限らず、妹とかもみんな上手です。お父さんだけは全くできない(ちなみにもちつきは母方の祖父母の家でやっています)ので自慢できません(笑) まあそもそも、こんな能力はあんまり役立ちませんけど・・・

そもそもそんなに難しいことでもないのですが、ある程度コツがいるんですよね。手の形とか、親指の使い方とか。あんまりキレイじゃないところ(薄皮があったり、粉がいっぱいついていたりする部分)が中の方になるように伸ばしたりとか。下手な人だと餅がシワシワになってしまったりします。

ただまあ、慣れているかどうかだけの問題のような気もしないではないですが・・・ちなみに餅をちぎる(ちょうど良い大きさになるように分ける)のはおばあちゃんがするので私はできません。私がやると不揃いになってしまいます^^;

とまあ今年も無事に餅つきが終了しました。鏡餅も作ったのでコレでやっと年越しができる感じです^^
  1. 2005/12/30(金) 18:56:56|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

みかんとかかきとか

いまさらですが、やっぱり実家っていいものですねぇ。なんとなーく「まったーり」とした空気が流れている気がします。京都ですともっと「せわしない」というか「あくせく」している感じですが、実家の和歌山だとそうでもない感じです・・・のんびりしすぎている感もあるといえばあるのですが、たまにはこういうのも良いかなって思いますね。

さてココ和歌山はご存じの通り田舎でございます。ド田舎といえるかどうかは定かではありませんが・・・京都市内なんかと比べると明らかに人口密度が低いですしね。ちなみに2005年の国勢調査の結果によりますと、県内の人口は5年間で3%も減ったらしいです・・・過疎化が進んでいきます(まあ私もそれに加担しているわけですが)。

田舎だからと言うわけではありませんが農業もあります。まあ盛んというほどでもありませんけどね。私の所も例外というわけではなく(両親は勤めていますけど)、身近なところに農産物があるんですよ。タイトルに書いたような蜜柑(みかん)とか柿(かき)とかです。

みかんは有名なのでご存じなかたも多いかと思いますが、和歌山の名産品です。おじいちゃんの所から大量にもらってきます。毎年のことなのですがこれが結構大量です。コンテナにどかっともらってきます(爆) 全てを食べきることは無理と言っていいほどの分量です。今もとりあえず今現在でコンテナ一個分くらいあります。

それだけでなく、近所の人とか、両親の職場の人からとかも頂いたりもします。まあどれもこれも美味しいので文句はありませんけどね。そういうわけでコタツにみかんというのが我が実家のスタイルです。みかんはなくなり次第補充されます(笑) ちなみに我が家では、みかんを(一人あたり)一日十個くらい食べる感じです。

あともう一つは柿です。コチラはもらってくるだけですが・・・なんやら今年は豊作なのか、いっぱい家にあります。こちらはみかんみたいに手軽に食べることが出来ない(ナイフで皮をむかないといけない)ので、なかなか消費されません。私が帰ってきてからは「いっぱい食べて」って感じで母にいわれてしまいました。まあ果物好きなのでいわれなくても食べますけどね。

こういう感じで実家にいるだけでどんどん太ってそうです(笑) いっぱい食べてほとんど動かない生活ですからねえ。
  1. 2005/12/29(木) 16:37:53|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

実家に帰ってきた

年末年始ということで学校の方も人が少なくなってきています。私も、せっかく(?)なので実家に帰ってきました。ゆったりと和歌山で過ごすのは今回の帰省が最後になる気がします。春は卒業旅行とかでゆっくり出来ないし(ひょっとすると帰ってこれないかも知れないし)、就職した後はずっと無理っぽいでしょうしね。

京都から和歌山に帰省するということなので当然の事ながら大阪を通ります(ぴんと来ない人は地図でも見てくださいな)。大阪から和歌山に向かうにはJRか南海電車を使うことになるのですが私はいつもJRを使って帰ってきます。南海の方は同じ和歌山でもちょっと不便なところに到着してしまうので・・・

ここからはかなりローカルっぽいネタになりますがあしからず(~_~;)そのJR阪和線と大阪環状線を直通している「紀州路快速」というのがあります。また大阪と関西空港を結ぶ「関空快速」と言うのも同時に連結されて走っています。途中の日根野まで連結したままで、その後切り離し作業を経て和歌山行きと関空行きに分かれるって格好です。

とまあココまではそれでよいのですが一つ問題があります。曜日や時間帯によって、前半部分が関空行きであったり、和歌山行きであったりコロコロ変わるのです。次のような感じです。
--
朝夕 前より5両 和歌山行き  後3両 関西空港行き
昼間 前より5両 関西空港行き 後3両 和歌山行き

土日祝だと「前より5両 関西空港行き 後3両 和歌山行き」の割合が増えたり、昼間と言っても4時頃には「前より5両 和歌山行き  後3両 関西空港行き」になったりとまあややこしいことこの上ないのです。時刻表さえ確認すれば分かると言えば分かるのですが。よく使う人でも混乱するので、旅行とかで関空快速使う人(外国の人も含めて)は混乱すること必至だなぁって思います。

また、これは私個人的な事情ですが、和歌山行が3両だとその分だけ着席できる可能性が低くなります。大阪から和歌山まで一時間半近くかかるので結構苦痛です。もっとも和歌山が近づくにつれて、ガラガラになってくるので最終的には座ることが出来ますけど(爆)

とまあいろいろ愚痴みたいな事を書きましたけど、今回は問題なく帰ってきました。鳳(おおとり)あたりからは座れましたしね。と言うわけゆっくり実家で過ごします。
  1. 2005/12/28(水) 16:48:26|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

今年最後の献血

さてさて今年もあっという間に終わろうとしていますね。おととい、昨日と二日連続で休刊日をとりました。二日連続で休刊日なんてかなり久しぶりです(爆) 忘年会シーズンですし、忘年会がなくても呑んでいましたしねぇ・・・

さて、今年最後の献血に行って来ました。このところほぼ一ヶ月に一回くらいのペースで行ってます。ということなので、受付のお兄さんとか看護師さんとかも私の顔を覚えてくれるようになってきています(笑)前回少し痛い思いをしたので検査の際にきっぱりと「左腕で検査、右腕で本採血と言うことでお願いします」と主張しました。

今回もいつものように血小板の成分献血をしました。どうもかなり血液が不足しているみたいで、採血用のベッドにあがると「もーんーちさんお時間の方は大丈夫でしょうか。できれば今回は5サイクルくらいお願いしたいのですが」といわれました。

まあ私も暇人なので(採血時間が一時間くらい延びたところでどうってことはない)「私は大丈夫ですよ」って返事を。その看護師さんには「どうもありがとうございます」っていわれてしまいましたよ。まあそんなたいそうなことでもないですが・・・

それにしても献血ルーム。こういう風にお願いされるだけあってかなり閑散としています。ええ。私は結局採血終了まで90分近くかかったのですが、5人しか見かけませんでした。ベットも7つくらいは常に空席の状態。文字通りガラガラでした。一人の採血者に二人の看護師さんがついてる
ってくらいでしたよ。

おかげさんで看護師さんと雑談をしました。実は私はかなりの徐脈(医師に計測してもらったので48/分でしたが自分で測ると42~45くらいの時もある)で、その話をしました。「定期検診で何か言われたことないですか・・・学生さんだとまだないですかねえ。徐脈の原因にもいろいろあって・・・」と説明して頂きました。

今回は、10回目の記念の献血と言うことで、記念のグラスを頂きました。なんか有名な方がデザインなさったグラスのようです。荷物になるなあ何て思いながらもありがたく頂いて帰ってきましたよ。10回のうち6回は今年になってからの訳ですけどね(~_~;)
  1. 2005/12/27(火) 14:16:23|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

論文提出の注意

さて、今年も残すところあと一週間になってしまいました。昨日は、生で高校駅伝を見てきたもーんーちです。今朝の京都は結構暖かい目でした。といっても22日の木曜日に降った雪がいまだ所々に残っていますが・・・

さて、アカデミックカレンダー(これによって学校の行事とか予定とかが決められています)では、冬季休業の真っ只中なのですが、それとは関係なく研究室にやってきています。というか、暦なんて関係ありません(笑) もともと授業がないので(ゼミとか研究会とかはありますが)冬季休業にはいってもあまり変化はないのです。

変化があるといえば、若い人たち(一回生や二回生)を見なくなったということくらいでしょうか。それに呼応して食堂とか生協とかも空いてきています。ゴミゴミとした感じがあまりしなくなりましたね。まあそれくらいのもんです。

先日、論文のタイトルを決めたわけなのですが、今度は「論文提出に当たって」みたいなものを研究室の助手の先生からもらいました。朝っぱらから呼び出されて・・・この論文を提出するというイベントは、結構重要なイベントのようで事細かに決められているみたいです。そのいくつかをここで紹介したいと思います。中には当たり前じゃんてのもあります。

・A4の表紙をつけること
・本文(表紙や図表、付録は含まず)40枚以内とする
・目次および概要を添付すること

まあこの辺の体裁は普通ですよね。だいたい一枚に40×40=1600字くらいなので、全体では40×1600=6万4千字くらいに収めろって事です(式とかがあるので実際はもう少し少なくなりますが)。まあ量が増えたら付録にまわすのでなんとでもなるのですが(~_~;)

・手書きの場合は黒インキを用いて楷書すること(コピーは不可)
・ワードプロセッサーを用いることが出来る

今の時代に手書きで作成する人なんてあんまりいない気が・・・でも「手書き」が普通で「ワープロを使ってもよい」ってスタンスのようです。昔の名残みたいですな・・・

・論文の著作権は著作権法第18条により著作者に帰属する
・提出論文の複写についての権限は指導教員に委譲される

こういうこともきちんと決まっているようです。まあ私の論文なんかを複写しようとする人なんか現れないでしょうから、あまり関係ないのですが。

というわけで今日もこれから論文に取り組みます。C= (-。- ) フゥー
  1. 2005/12/26(月) 09:19:31|
  2. 学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

格安旅行会社倒産?

旅行とか興味のない方もいるかと思いますが、格安航空券を利用したことのある私にとって気になるニュースです。読売新聞の記事によりますと、「格安航空券を購入した人がチケットを受け取れずに旅行に出発できない」事態に遭遇しているようです。以下引用です。

--
「格安旅行社が雲隠れ?航空券届かずトラブル相次ぐ」
格安航空券などを販売している旅行会社「トラベル遊」(東京都品川区)を通じてチケット購入を申し込んだ旅行者らが、出発空港でチケットを受け取れないトラブルが相次いでいることが24日わかった。
成田空港でトラベル遊のチケット受け渡しや搭乗手続きを代行している「エアサーブ」によると、23日から26日に出発予定のチケット約110人分が、連休前の22日までにトラベル遊から届くはずだった。しかしチケットは届かず、24日朝の段階で約50人が受け取れなかったという。JTBの子会社の成田空港窓口でも、23日に出発予定の18人がチケットを受け取れなかった。関西国際空港発の航空券についても、同様のトラブルが発生しており、エアサーブなどが状況把握を急いでいる。
JTBが受け渡しを代行した18人のうち、15人は新たにチケットを購入して出発し、ほかの3人は旅行をとりやめたり、出発日を変更するなどしたという。
JTB広報室は「22日夕方からは連絡が取れなくなり、トラベル遊の本社に社員を行かせたが、誰もいなかった」としている。
(中略)
ホームページによると、トラベル遊は2004年4月に東京都に旅行業登録し、海外への航空券やホテル手配などを行っている。24日午前、トラベル遊の本社や都内の営業所はいずれも応答がなかった。
--

実際のところ倒産してしまうのかそうでないのかは定かではありません。しかし倒産してしまったにしてもそうでないにしても、かなりの数の被害者がいると思われます。これは我々利用者側からするとかなり困ったことです。

この会社、実は私は利用した事はないのですが、昨年オーストラリアに行ったときに見積もりをしてもらったことがあります。Yahooトラベルに登録されてました。たしかに航空券の価格は結構安かった気がします。しかし、この会社の発着税とかが他者と比べると高くて、総額では他社より高くなってしまってました。そういうわけで私はこの会社のものを購入するのはやめました。

海外ではよく、「航空会社が倒産して飛行機がなくなって旅行が予定通りに出来なかった」なんて事を良く聞きます。しかし同じようなことが日本で起こるなんて私は夢にも思いませんでしたよ(~_~;) 私は被害者じゃないのですが、同じような目にあっていたかもしれないと思うと恐ろしいものです。日本でもこういう心配をしなくてはいけないと思うと o(>_<)o です。

このニュースをきっかけにして、格安航空券のみ扱ってたりする小さな会社の利用者は激減する気がします。大手でかった方が安心といえば安心ですからねえ。そうすれば同じように経営が苦しくなる業者が出てきたり、価格競争が終わってしまったりする可能性もあります。個人的にはあまりそういう事態は好ましくないと思うのですが・・・どうなるか少し注視しようかと思います。

それにしても新たにチケットを買った人たちがいるようですが、こういう人たちは正規運賃を払ったのでしょうかねえ。それだと格安の旅行会社を探した苦労が。災難なことです・・・
  1. 2005/12/25(日) 08:47:18|
  2. 時事|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

冬至に大雪 (BlogPet)

夜は、積で赤い学生と思っていたのですが、体にはあんまりよくなさそうですね(~_~;)ということで買いませんでした(笑)という感じです
前者は「朝っぱらから重たいなぁ」
って内容でしたよね・・・
その後近くのコンビニへ
朝ごはんでも買おうか!
そのまま5分くらい店内をうろちょろしても過言では柚子(ゆず)
もありませんでしたよ
と、ぴょんもーんーちが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんもーんーち」が書きました。
  1. 2005/12/24(土) 13:41:38|
  2. 未分類(blogpet)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

googleの検索画面

さて皆さんは検索とかよく使われるでしょうか?Yahooとかgooとかいろいろありますよねぇ。これらはポータルサイトとしては優秀だけれど、検索するとなるとあまり優秀じゃないかなっって個人的に思っています。一番優秀な検索エンジンはgoogleじゃないかって思います。まあもっとも、これは私の勝手な意見ですが。

さてこの google の検索の画面がたまに変化しているのをみなさんはご存知でしょうか?(google自体をあまり使う機会がないって方はここから先の話が分からないかと思います。すみません。)なんか祝日(といっても日本の祝日ではないですが)というか、記念日というかそういう日に限定のロゴがgoogleのページ使われるのです。

現在のページはこちらのようになっています。ためしにGoogle Holiday Logosを開いてみてください。どうですか?クリスマスバージョンのデザインのロゴが見られます。しかも数字が大きくなるにつれて少しずつ進化(?)しているのが確認できます。

ちなみにこのHappy Holidays(ハッピーホリデー)って言うのは、クリスマスの事をさすようです。キリスト教でない人に配慮して、メリークリスマスではなくハッピーホリデーって言うというのだとか。アメリカのブッシュ大統領も演説等ではメリークリスマス(Merry Christmas)というのを使わないでハッピーホリデーズって述べたりしているそうです。

今回はハッピーホリデーですが、以前はいろいろなものがありました。私が最近で気付いたのは googleの7周年のロゴ(lが7に変わっている)と、ハロウィン(Halloween)のときのロゴですね。ハロウィンのやつはかなり不気味な感じがしたのでよく印象に残っています。ハロウィーンというよりは、ドラキュラみたいな悪魔みたいな感じでしたよ(笑)

少し前までのロゴはgoogle holidaysから確認できるようです。なかなか面白いものですねぇ。
  1. 2005/12/24(土) 08:32:09|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

論文のお題目

祝日だろうが、土曜だろうが、日曜だろうが、このところ毎日研究室にきています。先生も巻き添えいで遅くまで(笑) 最近はやってもやっても研究がなかなか前に進まず、ちょっと気分的に落ち込んでいます。まあほんのちょっとですが。研究に時間をとられるおかげであんまり最近はネットサーフィンしていません。まあその割には毎日ブログ書いてるのですが(~_~;)

さて、私の学校では、論文なるものを提出しないことには卒業することができない仕組みになっています。まあ理系の場合はどこでもそういうものだと思いますけど・・・最近、文系とかだと論文を出さなくても卒業できるところもあるみたいですね。残念ながら(?)私のところはそういう仕組みにはなっておりません。

研究室に配属されてからは、授業とかゼミとかその準備を除いては、基本的に論文を完成させるために学校に来ている感じです。論文、必修の癖に単位がゼロというなんともふざけた(?)ものなのですが、提出しないことには「留年」&「内定取り消し」ってことになるので(いちおう)毎日頑張ってやっているわけです。

私のところではこの論文のタイトルを提出するのが、来年1月の第二週なんです。まだまだ先といえば先なのですが、年末年始を挟んで帰省もするし、先生もいろいろ用事があってなかなか時間が取れないしと実は時間がそれほどないのですよ。そういうわけで、時間に余裕のある今のうちにタイトルを決めることにしました。

タイトルを決めるといっても実は結構難しいものなのです。「タイトルなんか適当に決めて提出してしまえばいいじゃないか」って思われるかもしれませんが、これを決めるのには結構時間をかけるものなのです。先生ともじっくり相談して決めるのです。「て・に・を・は」とか言葉の響きまでも注意する感じです。

そういうわけで、ほぼ半日くらい費やして修正に修正を重ねてタイトルを決定しました。先生の許可がやっと下りたって感じです・・・やれやれです。というわけで、タイトルを決めてしまった分だけの中身を完成させなければいけないようになりました(笑) そういうわけでこれからまた取っ掛かろうかと思います。
  1. 2005/12/23(金) 20:03:50|
  2. 学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

冬至に大雪

今日はここ京都では大雪でした。しかも夜中に積ったんじゃなくて、夜が明けてから積った感じです。私が朝起きたときは雪は降っていなかったのですけどね。それにしても私が生まれて以来の大雪といっても過言ではありません。現在もまだ降っています・・・

さて、今朝は超早起きでした。だから雪が降っていなかったという話もありますが・・・朝(というか未明)起きてふと時計を見ると、まだ3時前でしたよ・・・昨晩寝たのが八時すぎで一応七時間くらい寝てるといえば寝てるのですが、体にはあんまりよくなさそうですね(~_~;)

こんな時間だと特にやることもありません。ということで、テレビをちょこっと。山口百恵さん他が出ている「赤い疑惑」っていうドラマと「明日天気になあれ」っていうゴルフのアニメ。前者は「朝っぱらから重たいなぁ」って内容でした。まあ普通は夜更かしして見る類の番組でしょうからなんともいえませんけどね・・・

その後近くのコンビニへ。朝ごはんでも買おうかといったのですが・・・24時間営業のくせに店員さんが誰もいないじゃないですか!そのまま5分くらい店内をうろちょろしていたのですが、誰一人として店の方に出てくる気配がありません・・・仕方がないので何も買わずに出てきましたよ。お金だけ置いていってもよかったのですがさすがにそこまでの勇気はありませんでした(~_~;)

さて、ところで今日は冬至ですね。冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないとかでスーパーでは南瓜の安売りをしていました。一人暮らしの私のぴったりの量で売っているわけでもないし、調理するのも邪魔くさいので買わなかったわけですが。もっとも惣菜として売っているものを買おうと思えば変えたわけですがそこまで食べたいものでもないので・・・

ところで、スーパーではかぼちゃのことを南瓜と表示されたりしますよね。これ「なんきん」って読むと思っていたのですが、どうやら「かぼちゃ」みたいです。PCでいくら漢字変換をしても出てきませんでしたよ。その代わり、「かぼちゃ」で変換すれば出てきました。

あと、スーパーでは柚子(ゆず)もありました。初めて知ったのですが「冬至に柚子湯に入ると一年中風邪を引かない」なんて話があるそうです。こちらの方もまた、私はシャワーしか浴びないで買いませんでした(笑)

という感じで、まあ冬至っていうことですが特別なことはしません。学生は大半がそうだと思いますが・・・まあ、理屈の上では明日から日が長くなるということなのでそれに期待したいですな。出来れば寒さも和らいでほしいものです。
  1. 2005/12/22(木) 15:21:35|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

配達記録郵便

先日の日記に書いた奨学金の返還誓約書がやっと完成しました。これには連帯保証人の自署と印鑑、そして保証人の自署と印鑑が必要なのですよ。そのために実家の方に送っていたのですがやっと私の手元に戻ってきて、提出できる状態になりました。こういう時って、身近に人がいないと不便だなあって思いますね(^^;

一応、大事な書類ということで「配達記録郵便」なる形で送ってもらったわけです。この配達記録郵便はまあ書留みたいなものですね。紛失とかあっても何の保証もないそうですが(爆) ただまあ確実に相手に届いたかどうかが分かるということで、大事な書物とかをやり取りするときは(私とか親とか)ちょくちょく使っています。

この配達記録というのは一つ困ったところがあります。受け取りの確認をするために受取人の印鑑が必要となるのです。しかももし配達したときに受取人がいなかったら、郵便物を持って郵便局に持ち帰られてしまうのです。これって結構一人暮らしのみには不便なのですよね。だいたい配達の時には(昼間なので)学校に出てきていて、家にいる確率はきわめて低いし・・・

というわけで今回もまた、私が不在のときに郵便物の配達が行われたみたいです(´・ω・`) 玄関のポストには「不在配達表」なるものが入っていました。再配達の日時を指定することも出来たのですが、配達の時間まで待っているのも面倒なので直接郵便局の方までとりに行ってきました。

郵便局の夜間窓口でこの不在配達表と身分証明書を提示しました。そうすればあとは向こう(郵便局の事務の人)が郵便物を探し出してくれました。それを確認して印鑑を押して終了です。こうしてようやく自分の郵便物を手に入れることが出来ました(笑)

そこから書類のチェックを。私の場合、兄も姉もいないので親戚の方に保証人になってもらいました。連帯保証人は親です。印鑑証明をもらいにいってもらったり、源泉徴収票を取りにいってもらったりといろいろ迷惑を掛けた感じです。

あとはこれを学校の事務に持参して終了です。大学名の欄とかを書き忘れていたのを事務の愛想の悪いおばさん人に指摘されましたが、その場でゴリゴリと記入しましたよ。でそのまま渡して無事に手続きが完了です。ε=( ̄。 ̄;)フゥ
  1. 2005/12/21(水) 15:44:42|
  2. 学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

来年のカレンダー

今年も残すところあと10日ほどになってしまいましたねぇ。今日は昨日一昨日と比べるとだいぶ気温も上がったみたいで京都はかなり過ごしやすかったです。今朝は、テレビで例の耐震強度偽装問題関連の家宅捜索のニュースをやっていました。総研も結構たたかれていましたねぇ(「きっこの日記(きっこのブログ)」のすごさを知りました・・・)

さてもうすぐ年も明けるのですが、皆さんの家にはどんなカレンダーがありますか?私の実家の方だと、毎月めくるような結構大きめのもらい物のカレンダー(酒屋さんとかにもらう)があります。他にも粗品でもらうカレンダーとかがあります。が、こっちで生活をしているとそういう「カレンダーのもらいもの」なんてなかなかないんですよねぇ。

私は、予定を書き込んだりできるほどの大きいカレンダーはいらないのですが、年月日とが分かるようなカレンダーがほしいと思っていました。卒業旅行のように長期の旅行を立てるときとか、何ヶ月か先の予定(といっても友人の結婚式とか同窓会とかくらいのものですが・・・)を立てるときに結構役に立つものなので。

そういう理由で今年は、インターネットでPDF形式で自由に公開されてきているものとか、EXCEL形式のフリーソフトで作成したものを使ってきました。あとは、ホットペッパーの途中に挟まってあるカレンダー破ったり(笑)

これらはただで手に入るのですが、作るのがめんどくさかったり、カラーでなかったりって問題があるんですよね。それにぺらっぺらの紙(なにせ薄い普通のA4一枚)なので、ちょっとした拍子に破れてしまったりもします。このように少々使いにくいんですよ(~_~;)

そこで「なんかいいカレンダーないかなあ」って思っていました。するとちょうどタイミングよく見つかったのですよ。そこそこ頑丈で、カラーで、なおかつ無料(←重要)で手に入るものが。どこのカレンダーかといいますと・・・近所のパン屋さんのカレンダーです。

パン屋さんの休日(お正月休みとか)が記入されているのが若干難点ですが・・・でもまあ、これから一年間、有効利用できそうです。もっとも就職すると活躍しなくなるかもしれませんが(~_~;)
  1. 2005/12/20(火) 17:16:56|
  2. その他|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2

記録的な大雪

昨日の朝はここ京都では雪が積もっていたわけですが、なんと今朝も雪が積っておりました。二日連続で雪が積るなんて事はめったにないのでビックリしましたよ(~_~;) 12月だというのに生まれて初めてといっていいくらいの寒さを経験しています。

今日は昼前も雪がちらつきました。ただどうやら京都はまだマシのようですね。日経新聞の記事によりますと、名古屋では記録的な大雪だったみたいです。以下引用です。

--
「名古屋で58年ぶりの大雪・交通網乱れる」
この冬一番の強い寒気で18日から降雪が続いた名古屋市は19日午前8時現在、1947年以来となる23センチの積雪を記録。58年ぶりの大雪に見舞われた。
東海道新幹線は、上りが京都―豊橋間、下りが豊橋―新大阪間で徐行運転。東海道線は岐阜県内での倒木などの影響で、大垣―米原間で上下線とも一時運転を見合わせ、高速道路も東名、名神高速道路の一部などが通行止めとなった。
(中略)
名古屋市教育委員会によると、市立の幼稚園1カ所が休園。始業を遅らせた小中学校などもあった。
--

58年前ですか。懐かしいですねぇ・・・なんてわけありません。私が生まれる20年以上も前です。そこまで記録的な寒波が・・・しかも普通は2月とかのはずなのに、12月に記録してしまいましたね。それだけ異常っぽいです。気象庁によれば「暖冬」とかいってた気がするのですが気のせいでしょうか・・・

こんだけ積もると当然ながら交通機関は麻痺状態ですね。愛知の方ではあんまり仕事にならなかったのでしょうか。普段雪が降らないようなところに雪が降るとあっという間に麻痺してしまいますからねぇ。まあ新幹線は通るところ(米原とか関が原あたり)が悪いって言う気もしないではないですが(~_~;)

あと、これだけ雪が降っても休校にはならないのですね。愛知では12時過ぎまで大雪警報が出ていたようですが、それでも授業があったみたいです。大雨警報とかだと臨時休校になるのに何となくしっくりこない気もしますが・・・まあ授業はできるくらいだったってことでしょうか。

まあとにもかくにもこの寒さ何とかしてほしいものですな。
  1. 2005/12/19(月) 17:51:50|
  2. 時事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雪が積もってた

さて12月に入ってからというもの信じられないほどの寒さが続きます。皆さんお元気でしょうか?私のほうはまあぼちぼち元気でやっております。

ここ京都では未明から雪が降ったようで、朝起きて窓を開けると・・・そこには一面の銀世界が広がっておりました。まだ12月の中旬なのに・・・例年ですと年明けくらいまではこういうことはなかったのですが、この冬はどうやら異常のようです(~_~;)

朝の8時過ぎに家を出て雪がちらつく中、研究室に向けて出発。「日曜日なのに?」って思われるかもしれませんが、私は最近は土日も関係なくこんな感じなのです・・・ドアから一歩出るとあまりの寒さに引き返したくなりましたよ(笑)

マンションの玄関には、雪がたくさん積もっていました。たくさんといっても多分1センチくらいしか積もっていないのでしょうが、地面が見えないくらい積もっている時点で私にとっては「たくさん」ですよ。ハイ。雪の上を歩くだけで疲れます。気をつけてあるかないと転んでしまう恐れがあるのでどうしてもへんてこな歩き方になりますし。

学校まで歩いていこうかとも思ったのですが、何とか自転車でも行けそうな雰囲気だったので、自転車で強行突破することにしました。予報では雪も昼までには止み、私が帰宅する頃には雪は完全に溶けてしまっていそうだったので。

ということで自転車に乗ったのですが、これまたかなり神経を使います。下手に運転するとハンドルを取られる危険性がありますし、スピードを落とさずにカーブを曲がろうものなら間違いなくスリップして転倒してしまいます(経験済)。

学校に行く途中には大きな幹線道路があるのですが、そこを走っている車もかなりスローで走っていました。右左折の際は「徒歩の方が速いのじゃない?」って思われるくらいのスピードでした。京都だと普通のタイヤ(スタッドレスタイヤじゃない)の車が多いのでどうしてもこういうことになってしまうのですよね。

学校までは二キロもないのですが、自転車にもかかわらず10分弱もかかってしまいました。いつもの倍近くかかった感じです。昔(小学校の頃とか)は雪が積もれば喜んだのですが、今となっては腹立たしいものになってしまいましたよ(笑)
  1. 2005/12/18(日) 10:53:20|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

研究室の忘年会

さて、先日はクラスのこと忘年会をしたわけですが、今回は研究会の忘年会に行ってきました。毎年、年末になるとこんなことばっかりやってます(笑)

みんなが研究室に集まって、学校近くの店まで団体で歩いて大移動です。20分くらいかけてみんなで歩いていきました。教授の先生も助教授の先生も助手の先生も含めて。それにしてもかなりの大人数での移動だったので傍(はた)から見ていたら異様な雰囲気だったでしょうねぇ(~_~;)

さて店に到着するとお座敷の方へ通されました。ここでミスったことに教授の先生の真向かいに座る羽目に・・・お酒の席で先生の近くに座るって言うのはかなり緊張するのですよねぇ・・・その隣には助教授の先生がいるし、私の横には助手の先生がいるという配置です。

まずは教授の先生のありがたいお言葉を頂き、乾杯して早速宴会開始です。料理の方は、豆腐にあんかけみたいなものがかかっているやつ、お造り、出し巻、茄子田楽、てんぷら、から揚げ、豚の角煮、小芋、サラダ、お寿司とまあ盛りだくさんでした。よく覚えてるでしょ?まあただ単にメモを取ってきただけです(爆) 飲み物はビールとか日本酒の熱燗とか。先生方はあまり飲まない感じでした。ただその分、学生たちがみんなかなり飲みました(笑)

さて、せっかく先生の近くに座ったこともありいろいろな話をしました。海外についてはいろいろ聞かせてもらいましたねぇ。先生は、国際学会とか国際会議で世界各国に言ったことがあるそうでいろいろな都市の感想とかを聞かせてもらいました。パリとかローマとかヨーロッパが先生にとってはお気に入りなんだとか。あとは中国にも景色のきれいな所があるそうです。

あと、いくら景色がよかったなぁって思っても、二回目に行くとガッカリしたりすることもあるそうです。その逆もまたあるそうです。まわりの建物とかが変わってしまうというのもあるようですが、天候とかが違うと印象が変わってしまったりするっておっしゃってました。「へぇ~」って思いましたね。

他には最近の研究室の行事とか。昔(先生が学生の頃)は、マージャンが大流行だったそうです。徹夜でマージャンすることも多々あったとか。研究室単位では最近はマージャンはまったくしないのですよね。というか私もマージャンはまったくの素人です。

とまあ他にもいろいろしゃべりつつ飲みつつ楽しい宴会でしたね。ちょっと高級な料理だったので、お払いの方は・・・でしたが(~_~;)
  1. 2005/12/17(土) 23:29:29|
  2. お酒|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

学習塾での殺人事件 (BlogPet)

何かしら、広島で包丁などを盗み、これを発見した警備員には大学生がいっぱいいても身を守りきれる保証なんてどこに刃物で刺され死亡塾講師のチラシもみないことがあるようです
まさか先生に教われるなんて思ってくれるという
--「殺人小6女児刺された時、警備員から逃げようとして強盗致傷事件を起こし、警察に逮捕された03年6月、在学していたということは明白だと思います」
人間的に問題があったとしか言いようがありませんが
京都には大学生が
と、もーんーちが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんもーんーち」が書きました。
  1. 2005/12/17(土) 13:39:06|
  2. 未分類(blogpet)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

卒業アルバム用撮影

卒業まであと三ヶ月ちょっとになってしまいました。大学では卒業アルバムとやらを作るということなのでその写真撮影が行われました。12月というこんな遅い時期にアルバムの写真撮影をするのはどうかとも思うのですが・・・

とりあえずまずは研究室で写真を撮ることに。今年卒業する人はもちろん、指導してくれている先生方、卒業しない在校生も一緒です。留学生や、共同研究者として研究室に来ている人たちもみんなで写真を撮りました。この寒い中、屋外に出てとりましたよ(~_~;)

カメラマンの人がよくしゃべる人だったので、和やかな雰囲気の写真が取れたと思われます。みんなそう堅くならずに笑みもこぼれている感じで移っているはずです。ただまあ、研究室としてこういう写真がよいのかどうかは微妙な感じでしょうか。もうちょっと「まじめに研究をしています」見たいな雰囲気を出せた方がよかったかもしれません・・・

そのあと個人写真を撮って、卒業生だけの集合写真を撮りました。これはいわゆる「やらせ」の写真です。みんなで本を読みながら議論しているところとか、コンピュータの画面をみんなで眺めながらあれこれ話をやっているところとか。研究室内の雰囲気も含めてアルバムに載せてしまおうって感じでしょうかね。

そうこうして、撮影自体に要した時間はだいたい20分くらいでしたかねぇ。このために研究室のみんな(特に先生方)は、作業を一時中断しなければいけなかったので、あんまり機嫌よさそうではなかったですねぇ(笑) まあ仕方がないので参加したって感じです。

ちなみにこのアルバム、価格は一万円を大幅に超えます。はっきり言って高すぎです。しかも自分が写っている写真は数枚しかなくて大部分が知らない人の写真です・・・ということなのでせっかく写真撮影には参加したのですが、今のところ私はこのアルバムを購入するつもりはありません(笑)ちなみに私の身の回りのみんなもあまり買わなさそうです(~_~;)
  1. 2005/12/16(金) 17:28:15|
  2. 学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

クラスの子と忘年会

今年もあっという間に残すところが半月になってしまいましたね(^^; ということでこのたび、同じ学科で最近よくつるむように人たちが集まって忘年会が開かれました。同じ学科の人たちといっても結局参加したのは5人なのですが(爆)

本当は19時から7人参加する予定だったのですよ。でも幹事の人の話によると宴会開始の1時間ほど前に相次いで二人からキャンセルの連絡が入ったのだとか・・・ちょっと直前すぎるだろ!って感じですが仕方がないので5人でやることになりました。

そして予約していた学校近くの居酒屋さんへ。直前に二人もキャンセルしたのにキャンセル料もとられることなく料理を出してもらえました。冬はおなべの季節♪ってことでもちろん(?)お鍋もありました。あとは普通に一品料理もちらほらと。どの料理も若干味が濃い目だったところが玉に瑕(きず)ってところでしょうか。

お酒のほうは、私はいつものように生ビールを。他の子は日本酒とか、泡盛とか頼んでました・・・っていうかホットの泡盛なるものを初めて見ました。せっかくなのでちょこっと頂きましたが一瞬にしてのどが熱くなってしまいましたよ。温度は高いし、アルコール度数も高い知っていうことで。私にはちょっときつかったですね(^^;

いつものことながらたいした会話はしていません(爆) でもみんな就職を控えているのでその話とかはしました。内定先の雰囲気とか同期になる子達の様子だとか。各会社さまざまなようですね。内定者同士で集まると毎回のように「どんちゃん騒ぎ」をするところもあれば、まったりとするところもあるみたいです。

あと引越しの話しもしました。結構お金がかかるものなんですね。友人の話では、見積もりしてもらったところ、京都から大阪に引っ越すだけで4万とか5万とかだったらしいです・・・私は関東になるのでもっとかかるってことですよね。ちょっとへこんでしまいました。

店員さんとも話しをしました。店員のアルバイトの女の子、実は私と同じ大学ってことが判明したので。名前とか教えてもらいましたよ。聞いてどうするねんって話ですが(笑)

関西で就職する子も多いので、就職してしまうとこのメンバーではなかなか集まれなさそうな感じです。ということで卒業するまでこのメンバーで何回か飲み会をすることになりそうです・・・
  1. 2005/12/15(木) 23:55:32|
  2. お酒|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

賃上げ交渉

され、来年から就職する身としては結構気になるこのニュースについて書きたいと思います。Yahooニュース(産経新聞)によりますと、来年の春闘で賃上げ交渉が行われることになりそうらしいです。以下引用です。

--
「経団連 賃上げ春闘復活へ 景気回復、にじむ緩和」
日本経団連は十三日、来年の春闘で経営側の方針となる「経営労働政策委員会報告」をまとめた。報告書では賃金について「引き上げはできないと判断する企業が大多数」と牽制(けんせい)しながらも、「働く人の意欲を高める適切なかじ取りが望まれる」と指摘し、景気が回復傾向を示す中で、これまでの賃金抑制方針の緩和をにじませた。経団連は「賃上げ春闘になる可能性もある」としており、春闘では本格的な賃上げ交渉が十四年ぶりに復活する見通しとなった。
 経団連がまとめる経労委報告は、翌年春の春闘で経営者が踏まえる対応指針となる。賃金の決定については「個別労使が行うべきだ」として業界横並びを否定した。
(中略)
春闘をめぐって経営側は、バブル経済が崩壊して以降、厳しい姿勢で臨んできた。平成五年に旧日経連が「ベアゼロ」に踏み込み、それ以来は賃上げに否定的な姿勢を貫いてきた。
(中略)
【経営労働政策委員会報告の骨子】
一、景気回復は経営者と従業員の懸命な努力によるものだ。
一、本格的に「攻めの経営改革」に乗り出す環境が整いつつある。好機を生かすためには労使の一層の協力が不可欠。
一、賃金などの労働条件の改定は、企業の競争力を損ねることなく働く人の意欲を高める適切なかじ取りが望まれる。
一、個別企業の賃金決定は労使がそれぞれの経営事情を踏まえて行うべきだ。
一、定期昇給制度の見直しが引き続き重要。能力・役割・業績を中心とした制度への抜本的な改革を急ぐべきだ。
一、団塊世代の六十歳定年が間近で、退職金・年金制度、定年後の継続雇用などについて早急な対処が求められる。
--

賃上げ交渉は14年ぶりなのだそうな。14年前といえば私は小学生の頃です。当然のことならがまったく記憶にございません。私が物心つくようになったときというのは、バブル崩壊の頃でそれ以来「不景気だぁ。不景気だぁ」って言う言葉ばっかり聞いてきました。それが収束に向かっているようです。

記事によりますと今までとは異なり、いわゆる業界横並びとはしないとのことです。そして、定期昇給(年功序列的なもの)制度も見直していくとか。昔とはかなり違った形で取り組むと言うことのあらわれでしょうか。まあ私個人的には、実際のところはどの業界もほぼ横並びになってしまう気がしないでもないですが・・・(業績不振のM自動車なんかは別として)。

このところ、「定率減税を廃止する」とか、「株価が上がってきた」とか景気回復を匂わせるニュースが続いてました。その中でのこのニュース。これだけいわれても私としては景気が上向いてきたって感覚はないわけですが(^^;; でも明るいといえば明るいニュースといえそうです。

企業は空前の利益を上げながらも従業員に還元してこなかった感じがあるので遅いくらいだと思うのですが。実際はほとんどベースアップにはつながらないかもしれませんが、今年の春闘に期待したいところです。ただし、私の内定先も同調するのかどうかは不透明ですが・・・
  1. 2005/12/14(水) 23:09:56|
  2. 時事|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

typoの修正

12月もあっという間に10日以上もすぎてしまいました。論文提出の時が刻一刻と近づいてきている今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?その割にはこうやってのんきにブログを書いているわけで私のほうはあんまり切羽詰ってないです(笑)

指導を受けている先生とメールのやり取りをしているとこういうメールが。
--
原稿のtypoをチェックしてください。
特に参考文献のリストのところを入念にチェックお願いします。
ここはtypoがでやすいところです。
--

この typo という単語、私は初めて聞いたのですがみなさんはご存知でしょうか。とりあえず調べてみました。次のような意味らしいです(はてなダイアリー参照)
--
(ちょっとした)タイプミス、入力ミスのこと。誤字、誤変換。
英語ではMinor Typographic Errorを意味する。
--

とまあそういうわけで誤字訂正と言うのに今は没頭しています。記号のミスもありますし、句読点のミスもあります。英語のスペルミスもありますし、体裁のミス(イタリック体であるべきところ普通の辞退にしていたり)もあります。これをいちいちチェックしているわけです。あーそれにしてもめんどくさいし退屈な作業です C= (-。- ) フゥー

前回の献血の結果が返ってきました。若干コレステロール上昇したもののあまり問題なさそうです。
[typoの修正]の続きを読む
  1. 2005/12/13(火) 18:15:15|
  2. 学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マラソン大会らしい

以前から、鴨川のあたりにフラット出かけて行くことが多いのですが、12月に入ってから少し感じが変わっています。というのはこのところ鴨川では(平日に限ってですが)、小学生や中学生の団体をよく見かけるのです。

どうも最近毎日のように近くの小学校や中学校のマラソン大会が行われているようです。みんな、半袖にハーフパンツという格好で一生懸命走っています。そのかたわらで、この寒い中保護者と思われるおばさん女の人がこれまた必死で声援を送っています。「あとすこしだ。がんばれぇ!」なんて言いながら。

とまあこういうふうにマラソン大会が行われるのは別に構わないのですが困ったことがあります。それは、道をふさがれてしまって自転車が通れなくなってしまうということです。賀茂川の河川敷は信号もないし、デコボコもほとんどないので(日ごろは)自転車で行き来するには最高のコンディションなのです。

ところが、このように小さい子供たちがたくさんいて道をふさがれるとどうしようもありません。向こうは団体でしかも一生懸命走っているのでどいてもらうわけにもいかないですし。仕方がないのでその大群が通過してしまうまで、私たち一般人は足止めを食らう結果になってしまいます。

まあ私は基本的に急いでいないので問題ないのですが、急いでいる人から見れば「こいつらじゃまだなぁ」って思っているに違いありません。なんか露骨にチリンチリンって自転車のベルを鳴らす人もいますしねぇ(^^; そんなにあわてるのならわざわざ河川敷を通らずに、普通の道路(車が走っている道)を走れば良いじゃないって思うくらいですよ(ーー;)

それにしても賀茂川の河川敷でマラソン大会って見ていると結構危ない感じがするんですよね。一般の人が通行するのをまったく制限せずにやってるわけで。散歩している犬にかまれたりするんじゃないのって思ったりもしますし(笑) まあ実際のところはそれほど問題も起こらずに開催されているのでしょうけどね。
  1. 2005/12/12(月) 23:12:43|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

学習塾での殺人事件

このところ広島、栃木と小学生の女の子が殺されるという痛ましい事件が続いていたのですが、とうとうここ京都でも悲惨な事件が起こってしまいました。Yahooニュース(毎日新聞)の記事から引用です。

--
「殺人 小6女児刺され死亡 塾講師を逮捕 京都・宇治」
10日午前9時すぎ、京都府宇治市神明石塚1の学習塾「京進宇治神明校」内で、同市開町、同府職員、堀本恒秀さん(42)の長女、堀本紗也乃(さやの)さん(12)=同市立神明小学校6年=が、講師の萩野裕(ゆう)容疑者(23)に刃物で刺された。紗也乃さんは病院に搬送されたが、約20分後に死亡が確認された。紗也乃さんは刺された時、萩野容疑者と教室で2人きりだった。萩野容疑者はハンマーと包丁2本を所持し、教室のモニターを見るモニターの線は切断された状態らしい。
(中略)
記者会見した京進の立木貞昭社長は、謝罪したうえで、紗也乃さんと萩野容疑者の関係について「(紗也乃さんが)先生(萩野容疑者)を嫌っていたと思う」と確執があったことを認めた。
萩野容疑者は、アルバイト講師。また、同志社大学法学部の4年生とみられ、20歳だった03年6月、在学していた大学の図書館で女子学生(当時22歳)が椅子の上に置いていたかばんから財布などを盗み、これを発見した警備員にけがを負わせたとして強盗致傷容疑で京都府警に逮捕された。この時、警備員から逃げようとして体当たりなどを繰り返し軽傷を負わせたという。
--

事件のおきたこの塾は京都では結構有名な塾のようです。チェーン店みたいな感じで京都府内(京都市、宇治市など)のあちこちあります。生徒勧誘のチラシもよく見かけます。なので、なんとなく身近な頃で起こったって感覚があるのです。

学生のアルバイトが多いのもまた事実です。もっともここの塾に限ったことではありませんが。京都には大学生がいっぱいいて、(正式な講師を雇うよりも)安い給料で働いてくれるという理由で雇っているところも多そうです。その分、講師のちゃんとした教育がされてなかったりする弊害もあります。

記事によりますと、この容疑者は強盗致傷事件を起こし、警察に逮捕されたことがあるようです。このような人が、児童に教えるような仕事は向かないということは明白だと思います。人間的に問題があったとしか言いようがありません。こういう人を雇った塾側にも何かしら責任があるような気がしてなりません。

それにしても、子供の方からすれば誰を信じてよいのかもはや分からない状況です。まさか先生に教われるなんて思ってもみないことですし。ここまでくると自分でいくら気をつけていても身を守りきれる保証なんてどこにもないですね。ホント嫌な世の中になってしまったものです・・・
  1. 2005/12/11(日) 23:56:27|
  2. 時事|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

コンサートとやらに

友達がサークルでコンサートをするということで観賞に行ってきました。先日、能楽観賞をしたばかりなので、感覚としては「また芸術ね♪」って感じでしたが(爆) 当たり前ですが、能楽観賞とコンサートはまったくの別物です。能楽の方は日本有数のプロがやっているのに比べて、コンサートの方は普通の大学生がやっているわけですし。

本当は入場料を取られるようなのですが、その友達が前売り券をくれたので普通に無料で入らせてもらいました。というよりは、どうも前売り券を捌(さば)くのにノルマがあるようで私は無理矢理もらわされたといった方が適当かもしれません(~_~;)

会場に到着すると思ったよりもいっぱい人がいました。学生のサークルがやっている割には結構いっぱい。ただ、会場の前で自転車置き場が大量に確保されていたあたりはいかにも「京都の学生のイベント」って雰囲気でしたね。

会場に入ると、プログラムをもらいました。どんな演奏があるのかとか、作曲家の生い立ちとか、曲の特徴はどんなのかとかいろいろ書いてありました。が、残念ながら音楽の素人の私には理解できない表現が多々ありました。

私は、コンサートとやらもこれまたあまり行かないもので、基本的な流れとか分かっていません。なので拍手のタイミングとかもよく分からない始末・・・とりあえず、演奏者が舞台にでてきたときと、演奏を終えて椅子から起立したタイミングで拍手をするということだけ学ばせていただきました(爆) 多分こういうのは常識なのでしょうね(~_~;)

私の友人はピアノを弾いてました。いつもはもっとボンヤリ(失礼)している印象があったのですが、今回はかなりびしっとした印象でした。衣装も気合が入った感じでしたし。なんかいつもとはまったく違う一面を見ることができた感があります。上手下手とかはあまり分からない(爆) ので出来がよかったのかどうかは分かりませんが・・・

本人はそれなりに満足したみたいなのでよかったのでしょうね。これで実質「弾き納め」になるそうなのだそうな。お疲れ様です。
  1. 2005/12/10(土) 21:12:29|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

宅配ピザ (BlogPet)

昨日、もーんーちが
ということは普通に考えると量が多すぎですよね(ストライクストライク;そしてそのピザたちを受け取って早速宴会を開始しました。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんもーんーち」が書きました。
  1. 2005/12/10(土) 13:48:54|
  2. 未分類(blogpet)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宅配ピザ

またまた(?)研究室のみんなと飲み会をしました。今回は外出するのがめんどくさいという理由で、宅配ピザを頼むことになりました。ただ、お酒だけは外に買いに行かざるを得なかったので、あんまり意味がないって説もありますが(^^;

というわけで学校の研究室から、インターネットを使って予約をしました。電話をかけることさえなく、商品をクリックしながら買い物かごに入れていくだけという簡単な作業です。便利な時代になったものですねぇ。写真とか見ながら好きなものを選んでいけるわけですよ。

商品を選びおえて、配達先の入力です。今回は、研究室の中で飲み会をするということで宅配先は学校の研究室です。「京都市***」と住所を入力してさらに、「*号館***号室」と入力。大学の中からピザを注文するお客ってあんまりいなさそうですが・・・その後、確認のメールが来て注文の方は完了です。

30分待ちということだったのですが、20分ほどで無事に届けられました。結局5人で宴会をすることになったのですが、ピザの方はLサイズを三枚も注文しました。ちなみにLサイズ一枚は4~5人前らしいです。ということは普通に考えると量が多すぎですよね(^^; そしてそのピザたちを受け取って早速宴会を開始しました。

みんなおなかが空いていたらしくいっせいにピザに群がります(爆) 私は日ごろはピザとかあんまり頼まないのですが、今回は美味しくいただきました。いろんな種類のピザを頼んだので(ハーフアンドハーフとかクォーターとかにした)、楽しめてよかったですね。どれもこれも味が濃くて、お酒が進みましたし(これがよかったのかは疑問ですが)。

大量にあったピザも、一時間もしない間に全て食べ尽くしてしまいました。男ばっかり5人も集まると結構食べることが出来てしまうものです。あっという間でした。ただあとあとになって満腹感が襲ってきて、お腹につっかえるって感じが無きにしも非ずでしたけどね・・・

そうそう、注文すると次回に使えるクーポン券がついてきました。でも使用可能期限はちょうど一ヵ月後です。一ヶ月に一回もピザを食べるなんてことはありえないのでこれはゴミと化しそうです。いくら商売とはいえもう少し期限を伸ばしてほしいものです・・・
  1. 2005/12/09(金) 23:20:41|
  2. お酒|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソフトボール

それにしても寒い日が続きますねぇ。12月といえばスポーツの季節です。嘘です。12月はスポーツの季節でもソフトボールの季節でもないのは言うまでもありません。しかしながらどういうわけかこの時期に、研究室対抗のソフトボール大会なるものをするということで、いやいやながらも参加してきました。

ちなみに、ソフトボールをするのはほぼ一年ぶりです。というかボールを投げるのもだいたい一年ぶりって感じです。そしておそらく私だけではなく、私の研究室のみんながそういう状態のような気がします(笑) ただまあ、他の研究室でもおんなじような感じだとは思うのでそんなに気にする必要もないとは思いますが・・・

大会の方はどうやらトーナメントになっているみたいです。ということで早速試合開始。守備位置も打順も適当なまま試合に臨みました。みんな似たり寄ったりの実力なので、誰がどこを守っても、誰から順に打席に立ったとしても変わらないだろうって事で。ピッチャーだけ、きちんとストライクを投げられる人にお任せしました(←レベルが低いですね)

試合は、だいたいどれだけエラーを少なく出来るかにかかっていました。内野へのボテボテのゴロが大半でしたし。「野手が飛んできたボールをとる」・「野手がファーストに投げる」・「ファーストが受け手アウトにする」の三段階を完璧に仕上げるのは至難の業でした。キャッチングミスしたり暴投したりでなかなかアウトが取れないのです(爆)

まあいわゆる「見ていてつまらない試合」をしたわけなのですが、最終的には二勝もできました。まあ得点の大半は相手のエラーなのですけどね(^^; 内野ゴロを転がして相手のミスを誘って点が入るって感じでした。まあ点の取り方はどうであれ、サヨナラ勝ちがあったり、一点差での勝利があったりでで楽しめましたよ。

当然のこと(?)なのですが、なれないことをしたので体中があちこち痛いです。腰も痛い仕方も痛いし・・・ふくらはぎもピクピクしていたりします(笑) ただ一つだけの救いは当日中に筋肉痛が襲ってきたってことでしょうか。まだまだ若い証拠であると自負しています(笑) 明日になったらもっと痛みが増している気がしないでもないですが(^^;
  1. 2005/12/08(木) 23:13:36|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

能楽を見てきた

このたび研究室の友達に誘われて能楽を鑑賞しに行ってきました。どうやら、人数合わせのために私が誘われた気もしないのではないですが・・・こういうことでもなければ芸術とは疎遠な私は一生能楽なんかを見に行くことはないだろうなぁってことで行ってきました。

能楽といっても能とか、狂言とか種類があるみたいですね。そしてそのそれぞれの中でも演目がいろいろあったりするようです。当然ながら、演じる人も違うみたいです。詳しいことは他の人のほうがかなり詳しいと思うので書くのは省略。

今回は、片山九郎右衛門(かたやまくろうえもん)と茂山千作(しげやませんさく)という二人の人間国宝の能楽を観賞することが出来ました。よく考えてみると、私が人間国宝を実際にこの目で確認するのは今日が初めてです。今までテレビではみたことはありますけどね。

まずは茂山家の狂言「魚説教」。結構、理解しやすかったです。ちなみにこの茂山家の能楽は「お豆腐狂言」などと呼ばれて親しまれているようです。今回のヤツは結構面白かったです。なんというのでしょうか、能楽とか狂言とか聞いただけで「堅苦しいもの」って感覚が私には合ったのですが実際はそうではなくかなり砕けた感じでした。漫才というわけではないですが(もっと高尚な感じもするし)、所々笑いが起こるようなくらいでした。

こちらの方は、人間国宝の千作さんが主役みたいな感じでした。見た感じはかなり高齢っぽかったですが、芸の方は年齢をまったく感じさせなかったですね。これが人間国宝の持つ力なのでしょうか。まあ私がこういうことを述べたところであんまり説得力はないですけどね(~_~;)

もうひとつは、片山家の能「井筒」。結構長くて(2時間くらいあった)見ごたえがあったと思います。ただ、どうやら九郎右衛門が主役(?)ではなかったのが残念でしたね(主役に当たるものは子供の清司さんが演じていたようです)。まあぶっちゃげお面をしていたので顔はどちらにしろ良く分からないのですけどね(爆)

それと、演目の中では「古文」の表現がいっぱい出てくるのに苦労しました。一応台本みたいなものをもらうのでそれを目で追いつつ理解しようとするのですが、残念ながら100パーセント理解してしまうことはできませんでした。

とまあ突然能楽を観賞することになったわけなのですが、なかなか楽しむことが出来ました。席もたまたまよいところだった(前から5列目くらい)ってのも大きな要因ですかねぇ。たまにはこういうのもいいかなぁって思いましたね。
  1. 2005/12/07(水) 23:27:51|
  2. 旅行|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人事の人と面接

凍えるような寒さです。ありえませんほんとに・・・京都では普通に雪が舞っていましたからねぇ。さて12月になったということで、とうとう就職まであと4ヶ月をきってしまいました。早くも、私たちのひとつしたの学年の就職活動が始まっているようですね。私のほうはこのたび、内定先の人事の方との面接にいってきました。

就職活動中も内定を頂くまで、何度か面接をしてきました。ですのでそこでも自分の希望などを伝えてきたわけです。今回はそのときから特に変更はないのかといった確認もかねての面接のようです。あと、現時点ではだいたいの職種くらいしか決定していないので、もう少し細かい配属先を決定するための参考にもするそうです。

久しぶりにスーツに身を包んで行ってきました。二ヶ月以上もスーツを着ていないということなのでネクタイを締めるのさえ一苦労でした(^^; 来年からやっていけるのかって感じもしますね(笑) でもスーツはスーツでなんとなく気持ちが締まるものです。

一応、面接時間は大体20分ちょっとといったところでしょうか。一応希望は伝えました。がぶっちゃげて言うとどこに配属になっても良いんですよねぇ。今ちょうど学校で私がやっている研究を、就職してからそのまま続けるなんて事はまずないわけですし。まあそもそも今の研究を続けたくないっていう話もありますが(爆)

ということでそんなに気負うことなく面接はこなせた感じです。適度に雑談を交えたりしながら。私の希望に大きな変化がないということで(もし私が営業をしたいとかこれから言い出したら大変だったのでしょうけどそういうこともなく)まあ形だけって感じかも知れません。

そこで人事の人に言われたのは、
・新聞とか読んで社会や会社のことを良く知ってください
・楽しむのは良いですが卒業を先延ばしにする(留年する)ことのないように
ってことでした。どうやら内定者の中にはすでに留年が決定した(もちろんそうなると内定も取り消されます)人がいるそうです。

そういうわけで一歩また社会人に近づいてしまった気分です。就職するまでもう少しの間、楽しませてもらいたいと思います。
  1. 2005/12/06(火) 23:04:08|
  2. 就職|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

次のページ (OLD)


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。