FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

微妙に時間に余裕が…

今日は週末金曜日ですね。一週間早いものですねえ。まあ私は、一方で曜日なんか関係なく、土日も含めて毎日学校(研究室)に来ているわけですが。

今日もいつものように朝から学校に来て、論文を読んだり、ネットで調べ物をしたりしてずっと過ごしていました。まあなんとも単調な日々を過ごしております。ただまあ、毎日毎日違う論文を読んでいるわけですし、違うことを調べているわけなので、実際の中身としては新しいことなのですけどね・・・

そんな中、久しぶりに(お盆あけてからは初めて)論文の原稿を指導していただいている先生に見せました。論文の原稿とはすごそうですが、実際は高々数ページしか無い、原稿の下書きみたいなものなのですけどね。

この原稿、TeX(「テフ」と読みます)という理系の論文には必須の文書作成用のソフトウェアを使って書きます。そのため、先生に見てもらうときにはこのTeXのソースファイルをメールで送ります。で先生に添削、修正してもらうのです(まあ先生がほとんど全部書き直してしまうって説もありますが・・・)。

でそのファイルを渡している間は、私としてはやることがないんですよねぇ。しかも先生は、会議があったり、大学院入試関連の仕事があったりで超多忙のためなかなか私のために時間を避けなかったりします。そうなると、3時間とか4時間とか私にいわゆる「暇な時間」が出来るのです。

まあこの暇な時間に食事とかもするわけですが、当然のことながらそれだけでは時間が余ってしまいます。じゃあ外出したらいいじゃない?ってことになりそうですが、いつ先生から呼び出されるかわからないのでそうもいかない。だから結局研究室内で何かをして過ごすことになります。

そういうわけで、こうやってブログ書いたりネットサーフィンしたりしてるんですよね。もちろん論文読んだり、他の勉強したりすることもありますが。このブログはじめてからは、ネットにつなげる時間が増えましたね(笑)実験の合間とかでも最近はネットばっかりです。まあ良い息抜きといえばよい息抜きなのですが。

その一方で、暇な時間の後には忙しい時間がやってくるものです。まあ原稿が返ってきたときはその忙しい時間になります。今日の場合は夕方の7時すぎに原稿が返ってきたので、それからまたせっせと原稿を書きました。

で書き終えてから、現在研究室で冷やしていたビールを飲みながらこのブログを書いています。まあ今日はビール飲みながら研究じゃなくて、終わってから飲んでいるので良しとしましょうか(笑)そういうわけで、ネットサーフィンしながらあと一本を飲んで(←まだ飲むのかよ)家に帰ります。
スポンサーサイト



  1. 2005/08/26(金) 21:11:39|
  2. 学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

和歌山の選挙

さて、このところ世間は選挙の話ばっかりですね。今回、暇だし書くこともないので折角なので選挙の話を書こうかと思います。私の地元、和歌山の選挙のことを。ちなみに和歌山には小選挙区が1・2・3区の三つしかありません。それらの立候補予定者の顔ぶれ(氏名、年齢、党名)とコメントを書きます。たぶん和歌山の人以外には「???」の内容です。すみません。

*和歌山一区
谷本龍哉 38 自前
岸本周平 49 民新
下角力  52 共新

前回は谷本氏(101602票)と下角氏(45851票)の一騎打ちで谷本氏の圧勝でしたが今回は民主から岸本氏が立候補。この岸本氏は財務省からトヨタ自動車に移り、竹中平蔵大臣のブレーンといわれて内閣政策参与も務めていた人です。しかし、自民からではなく(裏切って?)民主から出馬です(ややこしいですねぇ)。ちなみに岸本氏は竹中氏と同じ和歌山県内の高校出身で竹中氏の6年後輩らしいです。事実上谷本氏と岸本氏二人の一騎打ちでかなり激戦ですがやや谷本氏リードでしょうか。

*和歌山二区
石田真敏 53 自前
岸本健  35 民前(比例近畿)
下村雅洋 50 共新

前回は石田氏と岸本氏と共産党の古倉伸二氏で争い、石田氏(77102票)が当選、岸本氏(63145票)が比例で復活。実は岸本氏、前々回の選挙(親の故岸本光造氏死去に伴う補欠選挙)で自民の公認争いで石田氏に破れ無所属から出馬・落選、その後民主党入りしたという経歴の持ち主なのです。そのため自民支持者層にも岸本氏支持の人がいたりします。ここも事実上石田氏と岸本氏二人の一騎打ちですが、過去二回岸本氏に勝っている石田氏リードでしょうか。

*和歌山三区
二階俊博 66 自前
真鍋晃篤 34 民新
上田稔  58 共新

前回は、二階氏(148274票)と上田氏(40930票)の一騎打ちで二階氏の圧勝でした。今回は民主から元大東市議の真鍋氏が立候補します。が、結果は見えています。二階氏は党の役職を歴任して、党の総務局長です。この国会でも郵政民営化特別委員会長をしました。おそらく圧勝です。このため本人さえも地元にはあまり帰ってこないでしょう。まあここは全国有数の無風区ですな。

和歌山では、前回同様すべて小泉自民党が3つ独占する気がします。ちなみに参議院の和歌山選挙区選出議員は世耕弘成氏(TVタックルでたまに見る)、鶴保庸介氏(野田聖子氏の旦那さんで有名)で共に自民党です。こうしてみると(今更ですが)和歌山はかなりぎちぎちの保守王国です(笑)
  1. 2005/08/26(金) 19:12:02|
  2. 時事|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0


この人とブロともになる