FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

研究室に小鳥が舞い込んだ

八月に入っても相変わらず暑い日が続きますね(夏本番だから当たり前って言えば当たり前なのですが・・・しかも毎日のように書いてますが)。まわりのみんなは試験も終わって夏休みモードに突入しているようですが、私は研究室に来てこうやって日記ばっかり書いています。もちろん学校に来ているのですから研究もしてます。

さてそんなわけで平日休日関係なしでなんとも単調な生活をしているわけですが・・・研究室で面白いハプニングがあったのでその話を。題名にも書いたとおりですが「小鳥」が研究室に飛んできたんですよ。ほんと、びっくりしました。ちょっと研究室の空気がこもっているよねぇって話になり、少しだけ(20センチ程度)窓を開けてたんですよね。そうしているといきなり・・・

ガタガタガタガタ ガタガタガタガタ

って音がして。何が起こったのかと思えば、小鳥が窓から入ってきて、ブラインドとの隙間でもがき苦しんでおりました、ハイ。かなり激しくもがいてました。私も含めて他、研究室にいた人たちもかなりその音の大きさと突然の出来事にびっくりしていました。

とってもかわいそうなので、ブラインドを捲り上げて救出してあげました。がこれがいけなかったですね今から思うと。窓を開けずにブラインドを上げたものですから小鳥は当然研究室内を飛び回ることになるんですよ。かなり激しく飛び回ってました。

まあ、あわてて窓とドアを前回にしたので数十秒後には無事に小鳥も出て行ったので良かったのですが。研究室の友人は、「この部屋涼しかったから飛び込んできたんじゃないかなぁ」なんていってましたよ。そうかもしれませんね。この暑さじゃぁ鳥も参ってることでしょう・・・なんてことはないと思いますが。この友人「この鳥も一生に一度の体験だろうなぁ」とも言ってました。そのとおりなのですが、こういう発想する友人がなんかほほえましく思ってしまいました。

ちなみにこの小鳥、正体は不明です(だから小鳥と表現しているわけなのですが)。ツバメ説とかスズメ説とかいろいろうちの研究室では流れましたけど実際のところはなんだったのかいまだに分かってません。
スポンサーサイト



  1. 2005/08/07(日) 22:10:44|
  2. 学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


この人とブロともになる