FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

戦争と原爆…対談を見て

※被爆された方、その遺族の方はじめ気分を害される方がいらっしゃると思います。
 そのつもりで読みたい方だけどうぞ。

今日5日の7時頃からやっていたテレビを見ました。『TBSテレビ50周年 ~戦後60年特別企画~「“ヒロシマ”あの時原爆投下は止められた・・・いま、明らかになる悲劇の真実」』って題目の、筑紫哲也さん綾瀬はるかさんがナビゲーターとして出ていました。

番組の中では被爆者の話、原爆投下にいたった経緯、いろんなものが取り扱われていました。どれをとっても非常に興味深いものばっかりだったのですが、その中に「被爆者の遺族」と「原爆(原子爆弾)を作り投下した飛行機に乗っていたアメリカ人科学者アグニュー博士」の対談があったのです。この企画に無理があった気もしないではないですが、今回思うことがあったのでその話を。

この対話の中で印象に残ったところがあるんです。被爆者の遺族の方が、「核兵器を作り、使ったことに謝罪の気持ちがあるのか?」と博士に謝罪を求めた場面がありました。そこで、博士は頑(かたく)なに「謝罪はしない」と繰り返していました。さらに「こういう言葉がある、リメンバー・パール・ハーバー」と言ってました。(100%は再現できませんがこういうことを言ってました)

おそらくテレビをご覧になった大半の方がこの場面を見て、「この博士はなんてヤツなんだ」って思ったのだと思います。でも、私はそうではありません。被害者側に立てば謝って欲しいというのは分かりますが、真珠湾で友人を殺された博士の気持ちも理解できるのです。やり返すことが好ましいとは言いませんが。

原爆を肯定する気はさらさらありません。でも(この博士も言ってましたが)、原爆で殺された人々、(核爆弾でない)爆弾で殺された人、銃で殺された人それぞれ区別なんかないと私は思うのです。原爆使ったから悪い、普通の爆弾にすべきだったなんてことは思えないのです。どちらも、(私にとってみれば)殺人兵器なのです。

犠牲が小さいから良くて大きいから駄目だとは私は思えません。核爆弾であろうとそうでなかろうとどちらも使うべきじゃないんです。核爆弾のほうが放射能などのせいで後々まで後遺症が残ったり威力の違いがあるのは分かっています。でも「核でなくてもよかったのに核を使ったのだから謝れ」なんて気にはなれません。

身内に被爆者が居ないからこういうことが言えるのだって言われるかもしれません。たしかにそのとおりだと思います。もし身内に被爆した人がいたらまた違ったこと書いているかもしれませんし。しかも、私は戦争を直接知らない人なので、こんなこといえる立場ではないのだと思いますが。

この博士ですが、最後にこういう趣旨の発言を。「戦争がなくなることを祈っています。ブッシュが大統領だと無理だと思うが。」って(ブッシュ・・・の部分は通訳されなかった気がするのですが)。そうなんですよね。みんなやっぱり平和を願っているんですよ。謝罪するとか、しないとか色々あるにしても。
スポンサーサイト



  1. 2005/08/05(金) 23:58:44|
  2. 時事|
  3. トラックバック:6|
  4. コメント:6

研究って難しいです

さて一晩寝ただけでほぼ復調したもーんーちです(まだまだ若い♪)。相変わらず京都は暑く36.9℃を記録した模様です。まあその後、夕方五時過ぎから雨が降ったのでちょっとは暑さがましになったでしょうか・・・

今日は久しぶりに(といっても一週間も経ってないですが)学校で、指導を受けている先生とメールのやり取りをしました(以前書いたかもしれませんが基本的に先生とはメールのやり取りです)。その中にショッキングな一言が含まれていたんですよ。

「色々やってもらったけどあんまり思わしい結果が得られていません。この先、どう進めればよいか、正直言って分からなくなってきました。もーんーちはどうやってまとめたらいいと思いますか?」って・・・とうとう先生にそっぽ向かれちゃいましたかねぇ。

実はそんなひどいことではないんですけどね。若干トゲのあるところだけ抜粋しているからこういう形になるわけで。実際そっぽ向かれたわけではないので。ただ、「どう進めれば良いか分からない」って私も感じているので、その点は真剣に悩んでおります。ちょっと手詰まり感があるんですよねぇ、実際のところ。

「まとめ方」に関してもかなり悩ましいんです。ある程度材料がそろってきているんですけどねえ。論文のストーリー次第で、かなり出来が違ってしまう世界ですしねぇ今私がやっている研究って。このまとめ方に関してもまた本気で頭悩ませそうです。なんかしっくりするストーリーが組めないんですよね。

くよくよ考えても仕方ないですし、お酒を飲みながらでも考えようかと思います。いや実際、冗談言ってる場合じゃないかもしれません。かなりマジです。これが解決するまでは私にしては珍しくローテンションの日々が続きそうです。せっかく体調も持ち直したところなのですが・・・
  1. 2005/08/05(金) 18:30:26|
  2. 学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


この人とブロともになる