FC2ブログ

♪もーんーちのひとりごと

この4月から東京で就職した新卒の理系男子のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

恋人から言われても納得できない「別れたい」理由ランキング

1占いで合わないといわれたから
ありえん。
2家族に反対されたから
家族って・・・
3なんとなく
まあ理由もないってか
4(相手の)友達と合わないから
友達の問題といわれてもねぇ
5嫌いになりたくないから
うそくさい
6SNS上でのつながり(マイミクなど)を切られたから

メールの返事をくれないから
今は趣味に集中したいから
引っ越しをすることになったから
付き合ってみても好きになれなかったから
付き合う前の印象とかなり違ったから
整理整頓できないから

http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/unreasonable_love/&f=news&LID=news
スポンサーサイト
  1. 2008/01/04(金) 18:53:09|
  2. 恋愛|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

元カノではないけど

珍しく(?)、女友達から電話がかかってきました。いや正確に言うとかかってきたようです。着信履歴にばっちり残っていました。ちょうど私は携帯を手元においていなかったので、電話に出られなかったわけなのです・・・

だったらかけ直したらいいんじゃないって思われるかもしれませんが、今のところ私は掛け直す気は全くないのです。まあ、これが非常に微妙なのです。何が微妙かって、彼女と私の関係が微妙なんですよ。

彼女には今彼氏がいるのですが(高校卒業時くらいからずっとつき合っている)、その彼氏がなぜか私もーんーちに対して対抗心を燃やしているのです。どうやら彼は、「彼女と、もーんーちが両想いではないか」と思い込んでいるようです。

ちなみに私と彼女は付き合ったことはありません。ただ、彼女とは(友人として)結構仲が良くて二人で遊びに行ったり、一緒にケーキ作ったりしたこともある仲です(もちろん彼と彼女が付き合う前です)。そのことは彼も少し知っているので、多分このあたりが彼にとって気になるところなのでしょうねぇ・・・

まあ対抗心を燃やされるのは知ったこっちゃないのですが、そのことで彼女に愚痴を言われるわけなのです(私だけでなく何人にも愚痴をたれている模様)。彼女の話によると(言うことが本当なら)、彼女は彼から「男がいるような飲み会に行ったら駄目」だの、「俺の知らない男のいるところに行ったら駄目」だの言われるそうです。おまけに、「もーんーちが居るなら同窓会にも行ったら駄目」と言われたことさえあるそうです(←そのときは無視して同窓会に来ていましたが)。

こういうことを愚痴る相手って私じゃない気がするのですが・・・。彼女は平気でこういうことを愚痴るので、結構返事に困るっていうかなんと言うか。ぶっちゃげ私に聞いてもらってどうするのって思ってしまうのです。

さらに気まずいのは、私が一度彼女から告白されたことがあるってことです(彼はこのことは多分知りません)。そのときは(今でもですが)彼女とは付き合うつもりはなかったのでお断りしましたよ。昔のことなのでもう、彼女は私に恋心なん抱(いだ)いていないと思いますけど、そんな経緯でちょっと複雑なのです。

意識しすぎといわれればそれまでなのですが、そんなこんなで、ちょっと話しづらい相手なのです。普通の友達なら(男友達でも女友達でも)、普通に話を聞くのですが(だいたい聞くばっかりです)。彼女の場合は・・・なのです。ひょっとしたら電話があっても(取れる状態でも)シカトするかもしれません(←ひどい・・・)

そういうわけで、ちょっとパッとしない気分です。個人的には、「束縛も強いみたいだし、彼とは別れたほうがいいんじゃない?」って思ったりするのですが。そんなこと何があっても言えませんしねぇ。
--
水増しのためカテゴリは恋愛にします(笑)
  1. 2005/10/01(土) 20:28:57|
  2. 恋愛|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

頼って欲しいが頼るのは嫌

さてまたまた飲み会でした。学校は、前期末試験が終わって夏休みに入っているので飲みまくりです。そこで話題になったので、久しぶりに恋愛の話を書こうかと思います。

いつものように飲みながら、最近彼女と別れたヤツの愚痴を聞いてました。それはそれでここにはとてもでないけど書けない内容のことを多々含んでいるので詳しくは書きません。まあホント、あきれるような愚痴も多々ありますし。ちょっとだけ書くと「体の相性が悪い」とか「どうもしっくりこないとか」。あとはご想像にお任せします。ヒントは全員男ばっかの飲み会です(爆)

そんな中でちょっと引っかかったことを。それは彼(最近彼女と別れたヤツ)のこんなセリフです。「やっぱねぇ。彼女に悩み事とか相談して欲しいよね。将来のこととか一人で抱え込まれると『俺を頼ってくれよ』って思ってしまう」。これ実は私も同感ですし多分引っかかる人はあまりいないと思います。問題はこの続きです。「でも逆に俺がなんか悩むことあっても彼女には絶対言わないのよね」

どうやら同じように考えてる人が多いみたいでした。大体私のまわりのまわりの男どもというのは(私も含めて)世間一般の男とはちょっと違うようなので当てにならないって言えば当てになりませんが。くれぐれもこれを読んだ女性のみなさん、「男の人ってそんなこと考えてるんだ」って思わないでくださいね。

ただ、こんな風に考えるのにいくつか理由があるんですよね。みんなが言っていたのは「彼女に余計な心配かけたくないし」ってことでした。だから「彼女には言わない」ってなるみたいです。他の理由としては、「彼女に弱みを見せたくない」ってことです。彼女が心配するとかしないとか関係なく。何となく恥ずかしいって感情があるってことです。

いつもは反論ばっかりする私ですが、今回の件に関しては私自身どうかなって思いましたね。今まで付き合ってる当時(だいぶ前だったりするが・・・)、彼女には全部悩みを打ち明けてきたかといわれたら必ずしもYESとはいえませんし。ただ、その一方で「なんか悩んでいるようだけど打ち明けてくれないな」って感じたときには悲しいなって思ったりしてましたからねぇ。

書いていてつくづく感じたのですが、やっぱ自分勝手なのかもしれませんね。相手にはして欲しいけど自分はしたく無いって・・・ただまあこれが男の多数意見とは限らないのですけどね。
  1. 2005/08/10(水) 23:55:38|
  2. 恋愛|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

兄弟姉妹と恋人の関係

また、友人と飲みに行ってまいりました。なんか最近こういうネタが多いですけどご容赦ください。まぁいつものことなんですが、しこたま飲みましたよ。夕方5時前からガンガン飲んだので結局10時過ぎにはお開きになりました。飲み会としてはあまり特筆することも無いし、今回は恋愛の話になったのでちょっとその話について書こうかと思います。

この議論に突入したきっかけは、友人のある一言です。彼いわく「自分に妹がいてたら同じようなものを求めて年下の女の子を好きになって、自分にお姉ちゃんがいてたら同じように年上の女の子を好きになるって法則が僕の中にある」だそうです。実際彼には妹がいて、年下の女の子と付き合っていたわけだそうな(もう別れてしまったらしいが・・・)。

その場にいたもう一人の友人も「俺もおねえちゃんがいるしねぇ。年上の美人なおね―さんと結婚したいな」とか言って同調していました。(っていうか「美人」は余計だろ!)この友人は、見事に年下の女の子とは付き合ったことがないらしいです。他の友人は男兄弟ばっかだったり、ひとりっ子だったりとあんま参考になりませんでした。

ちなみに私には妹が二人いるわけなんですが、だからといって年下じゃないと駄目とか言うわけではありません。年下の子を好きになったことはありますが、どちらかというと年上の子のほうが好きになること多いです(もちろん同じ年の子も)。実際、年上の人とは付き合ったことはあるけど、年下の子と付き合ったことはないですし(サンプルが少なすぎますが)。だからこの法則には納得していません。

そういうわけなので、この議論で反論したわけなのですが、「もーんーちはねえ。ちょっと普通の人とは違うからねぇ。あんま当てにならへんかなぁ」って言われてしまいました。全員に、「もーんーち=変わり者=法則が当てはまらない」という図式に同意されてしまいましたよ。ということで結局この法則はみんなに認められてしまいましたよ。

実際のところはどうなんでしょうね。学生の場合は、(バイト先とかで出会った場合を除けば)基本的に同じ学年ばっか集まっていて(クラブやサークルでも高々数年差だし)、当然同じ年齢のカップルも多いわけです。私の周りを見ている感じだと、姉妹がいるとかいないとか関わらず「年上の男性と年下の女性」って図式が結構見受けられるんですが。ただまあ私の場合は、この図式からも外れることになりますが・・・

---
話は少し変わりますが、この議論の発端となった彼いわく「年下の子って妹みたいで甘えられるからいいんよねぇ」って言ってましたが反対じゃないですか?「甘えるのだったら年上の人じゃない?」って私は思うんですが。
  1. 2005/07/29(金) 23:55:53|
  2. 恋愛|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

失恋傷心飲み会

相変わらず暑いですね。オールスターがあったようですがすっかり忘れてました・・・今日は、友人たちと3人で飲み会に行ってきました。名目は「失恋傷心飲み会」です。はっきり言って、私はあんまり役に立てなかったわけなのですが(それを承知で集まってるわけだから良いといえばよいけど)。店は、近くの「生中半額セール」をやってる飲み屋さんです。メンバーとしては、数日前に彼女と別れたばかりのOくん、二ヶ月ほど前に彼女と別れたAくんと私の3人です。

で、乾杯をして早速本題へ。その友人Oくんの話に耳を傾けるわけです。彼は遠距離恋愛をしていたそうなのですが色々あって別れたそうな。で別れた原因とかいろいろ詳しく話してくれたのですが・・・決定的だったのはこういうやりとりだったそうです。
Oくんの彼女「将来のこととか考えたいから2ヶ月間待って欲しい」
Oくん   「そうやって今までいつも待たされたけどもう我慢できない。2ヶ月待つのなら別れる」
Oくんの彼女「じゃあ別れましょう」
(実際のやり取りはこんな淡白じゃなかったようですが。要点だけ書くとこんな感じだったそうです。)

Oくんは今まで何度もこうやって待たされた経験があるそうです。私だったら確実に一回目で別れると思うんですが(そんな二ヶ月間も生殺しみたいなことされたら耐えられません)・・・今度ばかりは彼も頭にきたのかと思ったらそうじゃ無いようです。彼いわく「こんなこと繰り返してても彼女のためにならん」ってことだそうです。はっきり言って「すげーよ」って思いました。そんな理由で彼女と別れることなんて私だったら絶対考えられません。

続いて彼の口からでてきたことは、「両想いでも別れることってあるんやね。今回初めて実感したわ。」ってセリフです。私に言わせますと「そんなことってありえません」。私の場合Oくんと違って自分が好きだったら絶対別れようって思わないです。別れたほうが相手のためになるとかそんなことまで考える余裕なんて無いです。こんな私ってまだまだ子供なのかしら?

そっから先は、Oくんの愚痴。「彼女が自由奔放すぎた。でもそういうところが好きだった」とか。そんなOくんのセリフを聴いて、友人A君が一言「俺にはノロケ話に聞こえる」。一応(?)、Oくんは彼女と別れたわけなので傷ついていると思って私はその場では賛同しなかったわけなんですが本音をここで言いましょうか。「Aくんの言うとおりかもしれないね」。なんというんでしょうか。横から見ていてOくんにはなんか余裕みたいなもんが感じられるんですよね。「また彼女とやり直せる」みたいな。そんな空気を私も感じ取ってしまいましたね。

そのあとは彼女が欲しいとかそういう話ばっかりでした。彼ら二人の頭の中では「もーんーち=恋愛に興味なし=恋話なし」ってのが出来上がっているようなので基本的に私は聞いているばっかでした。彼らいわく「寂しいから彼女が欲しい」らしいです。それだけかよ!って私は突っ込んだのですが・・・私としては「寂しさを癒すためだけに女の子と付き合う」って出来ないですよ。彼らは「好き」って感情が無くても女の子と付き合えるそうなのですが私には到底無理ですね。好きじゃ無かったら無理ですほんとに。
  1. 2005/07/22(金) 23:57:41|
  2. 恋愛|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

よりを戻すって

今日は珍しく恋愛のこと書こうかと。

友達から携帯に一通のメールが...
  元カノとやり直すことになったぜヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
  ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ヒャッホーイ♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノ
だって(っていうか顔文字で喜び爆発させすぎ・・・)。ということで、私の友人が、元彼女ともう一回やり直すことになったそうな。まあ、彼も彼女も良い子なので当人同士が納得してればそれで良いんですが。

でまあこの機会だし、ちょっと私のこと書こうかと思います。皆さんは別れた彼女or別れた彼氏とよりをもどすって経験したことありますか?私の場合別れた彼女とやり直したことはありません。が、やり直そうといわれたことはあります。一度だけですけど。で実はその女の子っていうのは、以前の日記にでてきたあの女の子です。別れるときに散々傷つけられた彼女です。

彼女と別れて半年位したころでしょうか。高校からの帰りがけに、いきなり呼び止められて。彼女に「ちょっと話があるんやけど」って言われて。「やっぱり。もーんーちのことが好き。もう一回やり直してくれへん?」って言われました。

当時、彼女がいたわけでも他に好きな子がいたわけでもありませんでしたが、丁重にお断りしました。っていうかはっきり言って(言葉悪いけど)「何考えてんのコイツ?」って思いました。あれだけ人のことけなして、他に男つくって自分から別れておいて、それはないやろ?って思いが沸々と私の中に湧き上がってました。いやほんとに。彼女は「今でも私のこと好きなんでしょ」って思ってたんでしょうか?

だいたいどう考えても、もう一度、彼女のこと好きになるって考えられなかったし。どうせ「男が居なくなったから、もーんーちでつないどこう」って思ってるんじゃないかって感じたし(実際はどうか知らんけど)。まあ、彼女のこと全く信用できなくなってたしね。

はあ、自分から書いておいてなんなんですが、思ってたこと文字にするとなんか悲しくなってきました。一度は好きになった人でも、こんなに悪い女に書いてしまってます(前書いたときもそうだった・・・)。いくら汚い別れかたしたとはいえよくないですよね(よく考えるときれいな別れ方ってしたことない・・・)。

はあ。文字にすると、思い出して涙が出てくる始末。別に彼女に対する未練はこれっぽっちもないけど、引きずってるってことでしょうかねぇ。もう完全に駄目ですなε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
  1. 2005/06/27(月) 23:42:48|
  2. 恋愛|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

現地妻?納得できやん(`×´) ・・・君までもがねえ

 みなさん浮気とか平気ですか?いい人がいれば乗り換えたりしても(言葉悪いですが)平気ですか?ちょうど、友人たちと男3人で飲み会をする機会があり、その中でこの話題に触れたので今日はその話を書きたいと思います。(また他人の恋愛の話だったりしますが)ふとした拍子に、女の子の話になったわけですが、みんなの考え方に唖然としてしまいました。

 まずひとり目。彼には今現在は彼女はいないんですが、基本的にすぐにでも彼女がほしいらしいです。まあそれは別に取り立てて書くようなことじゃなくごく自然なことですけど。ただ、「僕は付合っててもほかにいい人いたらすぐ移ってまうんよね」とかぬかしました。そして「前は、かわいくってなんか芸大の女の子って響きよかったから乗り換えた。」と悪びれもなく言いました。話を聞いてた私ともうひとりはいっせいに「お前、正気か?」って言ってしまいました。なんか、自分の気持ちだけが大事で相手はどうでもいいんですかねぇ。

 でもうひとり。彼には長い間付合ってて結婚まで考えてる彼女がいるそうです。でもまだ若いかなとか思っていて迷ってるそうな。で、彼はとある田舎の方で就職することになったらしいんですが、「彼女に一緒に来てくれる気がある?って聞いたら、そんな気はないって本気で言われた」と愚痴をこぼしていました。「そんな相手と結婚できへんで。女やったら行くって言うやろ普通。」って。まあ、若干自分中心で考えてるかなとは思いますがそこまでは納得してました(女の人は納得できないか・・・)。しかし、実はまだ続きがあるらしいんです。

 じつは、今その彼女とは遠距離恋愛中なんですが、そのほかにこっちの方にそれっぽい女の子もいるらしいです。彼はその女の子を現地妻って呼んでました(爆)何じゃそりゃ?そっから先の詳しい話は聞きませんでしたが、どうも私には納得できませんでした。やっぱ遠距離恋愛は大変なんかなとは思いますが、それはだめじゃないか?って。しかも現地妻って言う呼び方。彼はそういう風には見えず、むっちゃ誠実そうだったのでショックを受けてしまいましたね。ただ、少し後ろめたい気持ちが彼にあるらしいのが救いでしょうか(なら初めからそんなことすんなって話ですが)

 なんか、私の周りの男の人もこんな感じで女の子を見てるんだって思ってなかったので結構びっくりしましたね。というか、結局、男の人も女の人も多くの人が爆弾持ってるというかなんと言うか...前の日記でぶっちゃげて書いたけど、男からしたら(少なくと私に言わせれば)女の人って結構魔性だったりするんやけど、女の人からしてもこんな男ばっかやったらやっぱむかつくんでしょうね・・・なんか、男でも女でもどっちもどっちなんかな。

 ちなみに、題名の「***できやん」というのはたぶん和歌山独特の方言です。使い方は大阪弁の「***できひん」と同じようなもんで、「***できない」の意味です。実は、京都で下宿をするまで普通に通じると思ってたので、京都に来て誰も意味を理解してくれなかったときにはカルチャーショックを受けたりしましたね。たぶん今でも「***やん」が普通に通じると思い込んでる和歌山人がたくさんいる気がしますけど。

  1. 2005/06/03(金) 23:13:36|
  2. 恋愛|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

失恋とスローグッドバイ

 今日は、研究室で就職活動に一区切りついた同学年の人たちとの飲み会でした。まあそうはいっても私も含めて3人しか参加しなかったんですけどね。とりあえず一次会はみんなで大学の近くのお好み焼き屋さんにいきました。

 三人とも、とりあえず一息つける状態だったのでざっくばらんにいろいろな話をしました。就職先を選ぶ基準とか、どこの会社がどう良くて、どう悪かったとか。みんなきちんと考えていて感心しました。ほかにも、これからどこの株を買ったら儲かりそうとか、これから日本はどうなっていくかとか、研究は今どれくらい進んでるとか。まあ、同じ研究室という偏った中での会話なので大半の人には理解できない会話かもしれません(長くなるので次の機会にでもそのときの話も書きます)。

 さてそんな話をしていたわけですが、ベンチャー系に内定してる子の様子がおかしくなっていきました。どんどん酒を飲みまくり、だんだん愚痴っぽくなっていくんです。で私は冗談で「なんかいやなことあったん?」と聞いてみました。すると彼は「別にー。研究が思いとおり進まへんだけ」とか言ってました。でもまあ、そんなことで彼が荒れたりしないことは分かってるのでちょっとしつこく何度も聞きました。そしたら、もうひとりの彼が「3日ほど前に彼女と別れたんやって」って言いました。となるともう展開は見えてますね。この話で持ちきりです。まあそこでまず研究室に帰って場所を変えることになりました。

 研究室には、冷蔵庫に、日本酒と梅酒、ビールのストックとつまみが少々あったので(どんだけ飲み好きな研究室や?)、それを3人で消費しながら、その彼の彼女(厳密には元彼女ですが)の話をしました。その彼が言うには、「彼女と結婚するまで付き合う気はなかった。」らしいですけど。でも、今回フラれたのは彼のほうらしいです。だからやっぱり凹んでましたね(本人は結構強がってたりしましたが)。けど今回の別れは、彼が言うには、『スローグッドバイ』だったらしいです。だからそのうち立ち直れるんだって。

 っていうか私もそのときは、『スローグッドバイ』が何のことだかさっぱり分かりませんでした。でまあ少し説明してもらったので、ある程度話についていけましたけど(詳しいことは分かりませんがどうやら石田衣良さんの小説の題名に由来しているらしいです)。まあ要するにきれいな別れ方をしたということらしいんですわ。「もっとあなたにふさわしい人がいるからその人と幸せになって」と言われたらしいです。彼はいままでひどい別れ方をしても立ち直れたから今回は、いつもより早く立ち直れるという感じらしいです。

 僕に言わせれば、彼がこういう風に区切りをつけて次に向かっていけるって言うのが彼のすばらしいところですね。いっつも前向きにものを考えられていて(恋愛だけではないですけど)、感情もそれについていってる。先日の日記でも書いたように、私はなかなか踏ん切りが付かない人なのでホントうらやましい限りです。

 でまあそんな感じで夜の11時ころまで飲みながらそんな話をしていましたね。で結局は、一次会でビールを4杯、2次会では梅酒と日本酒(つくばの男女川)を合わせて5、6合と飲みすぎてしまいました。ちょっとまた自己嫌悪です(´・ω・`)ションボリ
  1. 2005/05/28(土) 23:51:27|
  2. 恋愛|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

女の人って・・・体?不倫?二股?

 今日は、特別なことがありました。っていうのはうそでまったくその逆で特にこれといったことがない平凡な一日でした。そこでまあ今回は私の恋愛について少しつづろうかと思います。

 基本的には、恋愛経験というのは周りの人たちと比べるとすっごく少ないです。っていうかどんどんおいていかれている感じですね。人並みに恋心を抱いたりはしてるんですけど。なんかトラウマみたいなもんに支配されてるんですよはい。

 高校のときのことです。当時半年間付き合ってた彼女がいたんですけど、いわゆる二股をされてたんです(したわけじゃないですよ念のため)。で彼女とその男がいるのを偶然目撃してしまったんです。ものすごいショックでした。もう生まれて初めて経験した感情でした。二股って結婚してないときはそれだけかも知れんけど、もし結婚してたら不倫でしょ。もうむちゃくちゃショックやった。おまけに私が現場を目撃したそのときに、彼女に逆切れされてひどい捨て台詞を吐かれてフラれたんです。

 実は私は、異性関係については、非常に恥ずかしがりやでいっつもドキドキしてどうもならんかったんですよ(なんか中学生くらいのしかも古風な女の子みたいな性格)。だから、肉体関係を持つなんてもってのほかで、キスでさえ限界を超えてる感じで、手をつなぐのがやっと。しかも手をつないでたらドキドキして落ちつかへんし。
 って自分で言うのも何やけどすんごい変わってるよね。「ほんまに男なん?誰も共感せーへんでそんなん」みたいな。こんな性格なために彼女が満足できなかった。それが(彼女のセリフを信じれば)別れた原因です。

 今では、もういい歳なんで、手をつなぐのがやっとといったそこまでひどいことはないんですけどね。でも、男子校出身でもないのに女の人としゃべるときは若干緊張したりしますけど。なんていうかやっぱり女の子に恐怖心があるというかなんというか...たまに、女の人に襲われて無理やりやられてまう夢とか見るし。こんな経験してる男なんて誰もおらんやろうから相談とかできず、今でも結構一人で凹んだりしてます。

 で、その高校時代に話を戻すと、別れたときに思ったんです。「女の子ってそんなに性欲強いもんなんかな?」とか「肉体的に満たされなかったら、愛を感じないのか?」とか「女の人にとっては僕みたいに奥手(っていうのか?男の場合でも)な男やったら付き合ってもつまらんのやろうな」とか。そう思ったらなんか悲しくなってきて。なんか、女の人と付き合っても結局はそんな理由でフラれて別れることになるような気がするんです。

 で、「むっちゃ好きになってその後別れて傷つくくらいやったら、初めからそんな好きにならんとこう」とか思って今までずっと来ました。まあ、簡単に言ってしまえば、自分が傷つくのが怖いんですよね。それは自分でも良くわかってます。けど何を言われてもやっぱ別れるのが怖いんですよ。

 たぶん、いつか別れるって思って付き合うのが悪いんでしょう。たしかに、うちの両親みたいにずっと仲良くしているカップルもいるのは頭では分かってるんですけど、なんかそれはまれな例である気がして最悪の事態を考えてしまうんです。考えても仕方ないって言えばないんですけど。

 あー、なんかだんだん支離滅裂で見苦しい内容になってきましたのでこの辺でやめときます(また後日書くかも知れませんが)。友達とかに面と向かっていえないようなことをblogで書いちゃいました。
  1. 2005/05/23(月) 22:55:29|
  2. 恋愛|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。